スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナデシコに霜がいっぱい!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2006年12月17日 日曜日 [Edit] 

撫子と霜



【学名】Dianthus hybridus
【科名】ナデシコ科 【属名】ナデシコ(ディアンツス)属
【和名】撫子(ナデシコ)【英名】Pink【別名】石竹(セキチク)
【原産地】ヨーロッパ・中国・日本・北米
【性状】耐寒性多年草 四季咲き

もともと古来日本で撫子(ナデシコ)=石竹(セキチク)と呼ばれているお花は一年草ですが、交配され園芸品種として出回っているものは、ビジョナデシコと石竹の交配種が多いようです。

真夏は暑さでちょっとお花はお休みしますが、春から秋にかけて繰り返しお花が咲きます。

私が育てているものも園芸種ですが、たった一株から随分増えてくれました。何度もにあたりましたが、それでも今現在もがんばっています。このまま雪の下で冬を過ごしますが、春になればまた元気なお花が沢山咲いてくれるはずです。

それにしても先日降りたはすさまじかった…
どのお花や葉っぱにも結晶が肉眼ではっきり見えるほど、凍ってしまいました。寒さには強いダイアンサスですが、やはりココまでに当ててしまうのは危険ですよね。

【育て方】

コツとしては植え付けには水はけの良い土を選ぶことと、日当たりのよいところで管理すること。

長い期間お花を咲かせ続けるので、定期的に液肥を与えます。
撫子と霜



私が育てているような四季咲き性のものは、春に沢山お花が咲いた後、花がら摘みをしますが、花数が沢山なので面倒だったりします。

私の場合は、はさみで刈り込んでしまいます。
すると枝分かれもして脇芽からさらに蕾がでてきて、お花を咲かせます。