スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シクラメンの花びら

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年01月12日 金曜日 [Edit] 

シクラメンの花



【学名】Cyclamen persicum Mill.
【科名】サクラソウ科 Primulaceae 【属名】シクラメン
【和名】篝火草(カガリビバナ)【英名】Cyclamen シクラメン 
【別名】豚の饅頭(ブタノマンジュウ) アルプスのスミレ
【原産地】地中海地方 トルコ~イスラエル
【性状】多年草

を代表する花シクラメンのご紹介です。
暮れにみかんを箱買いしようと立ち寄った八百屋さんで、特価で売られていたもので、結局みかんは買わずにこのシクラメン鉢植えを買って帰ってきてしまいました。

特価というのは、280円!であったのですが、特に病気も見当たりませんでしたし、つぼみも沢山ついていて、何より葉っぱがすごく元気に見えました。


【育て方】

管理する場所は、昼夜気温差が少なく日光がよくあたる窓辺などがよいです。
シンビジュームのお隣で管理すると、シンビジュームの管理状態を見る目安にもなります。シンビジュームも同様の温度や日光量で管理するとよいので、相乗効果がありますね。

エアコンがきいているようなお部屋での管理は、お花をダメにしてしまうので、暖房をつかわないところがよいです。

鉢はときどき回して全体に日光が当たるようにします。

水遣りには鉢の形で二通りあり、売られていた状態は底から給水するタイプだったら、それを引き継ぎます。
通常通り鉢の上から水遣りをするタイプだったら、株の真ん中に水がかからないように、水を与えます。

与える頻度ですが、土の表面が乾いてきたら室内気温にした汲み置きのお水を鉢底から水が流れるくらいたっぷりと与えます。

シクラメンの花



次々と花を咲かせるので、定期的な施肥は不可欠。
置き肥と液体肥料を併用されると良いですね。

シクラメンにはサポニン配糖体なる毒が含まれていたというのに、ヨーロッパでは食用とされていたことがあるのだそうです。びっくり~

参考資料:Wikipedia