スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白蝶草の越冬

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年01月13日 土曜日 [Edit] 

白蝶草(ハクチョウソウ)



【学名】Gaura lindheimeri
【科名】アカバナ科 Onagraceae 【属名】ガウラ属 
【和名】白蝶草(ハクチョウソウ) 
【英名】Whirling Butterflies または Beeblossom
【別名】山桃草(ヤマモモソウ) 【流通名】ガウラ
【性状】宿根草 【耐寒温度】マイナス30度

夏にフワフワと風に揺られて、まさに蝶のように咲いてくれていたガウラ。

このガウラも寒風吹きすさぶ今、越冬中です。
本当ならばマルチングしてあげたらよいのでしょうが、冬の間はどうしても庭へ足を運ぶ回数やお世話の頻度が少なくなってしまいます。

何よりも私のほうが寒さにめっぽう弱くて、くじけてしまうんです。

バラの誘引や冬の施肥、中耕なども含め、やらなければならないことが山積しているのですが・・・。

このガウラは、我が家で越冬するのは初めて!
はてさてうまく越冬してくれるのでしょうか。
白蝶草(ハクチョウソウ)



花茎だった部分はすっかり枯れこんでいますが、冬至芽(という呼び方でよいのかしらん)が地面に張り付くようにしています。
地上部は全部枯れこんでしまうものだとばかり思っておりましたが、こうして残ってくれるものなのか、それとも今年はあまり寒くないので枯れずにがんばってくれているのかしらん?

昨年挿し芽をした株も元気なので、今年の夏にはもっと挿し芽をして株を増やしたいと思っています。