スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウグチフォリウスの蕾

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年03月19日 月曜日 [Edit] 

アウグチフォリウスの蕾



【学名】Helleborus argutifolius
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ コルシカス
【英名】Corsican Hellebore(コルシカン・ヘラボレ), Corsican Rose(コルシカン・ローズ)
【別名】木立性クリスマスローズ コルシカス
【流通名】アーグティフォリウス / アウグチフォリウス
【系統】原種系 有径種 【原産地】コルシカ島、サウジニア島
【性状】常緑耐寒性宿根草(有茎種) 【花期】2月~5月
【草丈】60-90センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色
【備考】#018

昨年購入したアウグチフォリウスの小さな苗に、丸い蕾が見え初めてきました~ 開花は来年の冬だろうと思っていたので、この丸っこい蕾を見つけたときには、小躍りでした。

前回の記事でご紹介したものは、寒さから身を守っているのか、とんがった硬い葉っぱでしたが、このとんがり帽子が開いたら、丸くてちょっとやわらかそうな蕾がちらほらと見えています。

弊ブログ内関連記事: アウグチフォリウス

アウグチフォリウスの蕾



アウグチフォリウスは、葉っぱがギザギザなのもひとつの特徴ですね。
有茎種であるため、大株になったら支柱を立ててあげたほうが良いみたいですが、私の家のはまだまだマイクロミニなので、支柱はナシです。

このアウグチフォリウスの茎は、花が咲き終わり来年の茎の準備ができると自然と枯れこんでくるそうなので、そうしたら切り落として茎を整理しておくことが肝要です。
新しい葉っぱが展開する前に、早く花茎を切り取ってしまうと、株そのものが弱ってしまったり、枯れてしまうことがあるそうです。こわっ。

私のダイスキな緑色のお花! 早く満開になぁれ~

それにしてもこのところの寒さの戻りはつらいです。
お墓参りにも行かなくちゃと思いつつ、明後日は暖かいと良いな。