スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事件です!チベタヌス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年04月07日 土曜日 [Edit] 

Helleborus Thibetanus Franchet



【学名】Helleborus Thibetanus Franchet
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】チベタヌス 【英名】Chinese hellebore
【流通名】チベタヌス【系統】原種系 無茎種 
【原産地】中国 (中国名:Tie kuai zi )
【性状】耐寒性落葉宿根草 【花期】3月~4月
【草丈】30-50センチ 【花径】3センチ  【花色】薄桃色
【咲き方】半剣弁カップ咲き 【生育適地】半日陰

1月に最高の状態で届けてもらったチベタヌスでしたが、私が無理やり地植えにしてしまったせいで、せっかく花芽をもっていたところが枯れこんできてしまいました。

見るからに他のハイブリッド系のものと比べても、弱弱しい感じだったというのに鉢植えで管理しなかった私が馬鹿でした。
Helleborus Thibetanus Franchet



でもね。

花芽をもっていなかった茎のほうは、私の家の気候に順応してくれたとみえ、元気いっぱいに育ってくれています。
残念ながら今年はお花を見ることは難しいやもしれません。
とほほ。

こうしてみてみるとひ弱に見えるチベタヌスも意外と強いのかもしれません。

これから花芽、あがってくれるかなぁ~ 
だとしても株への体力温存をかんがえたら、やはり咲かせないほうが良いのでしょうね~ ・゚・(ノД`)・゚・。

弊ブログ内関連記事: チベタヌス / クリスマスローズ