スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜜腺ギャラリー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年04月16日 月曜日 [Edit] 

蜜腺



今日は育てているヘラボたちの蜜腺に焦点を当ててみました!
ヘラボの場合、花びらが退化し蜜腺というカタチになってしまっているわけです。

↑こちらは八重咲きにならなかったオリエンタリス蜜腺。ちょっと模様入りです。蜜腺があるということは、来年もやっぱり八重に変化はしてくれないってこと?とちょっとがっかりしています。

蜜腺


こちらは‘ルーセ・ブラック’の蜜腺。ガクは黒い色をしているので、蜜腺部分はどうなのかしらんとまじまじと観察。緑色に暗紫色が混じったような・・・ もっともブラックとはいえ、そもそも本当に黒色ではなくて限りなく黒に近いというだけですので、蜜腺も真っ黒ではないのです。


蜜腺


こちらは八重咲きオリエンタリスの蜜腺部分。おそらく蜜腺が八重のガクに変化したのでしょう。蜜腺が見つかりませんでした。


蜜腺


こちらは‘バレンタイングリーン’の蜜腺。蜜腺までキレイな黄緑色をしています。
そしてそのヘラボよりも蜜腺がなが~~いチューブ状です。


蜜腺


こちらはニゲルの蜜腺。とてもキレイな黄緑色をした蜜腺でしたが、あっという間に散ってしまうので咲き始めのときにまじまじと観察しないと見損なってしまいます。



蜜腺


こちらは‘ダブルファンタジー’の蜜腺。というかダブル系の場合は蜜腺が退化してしまっているので、蜜腺はないはず。という認識でしたし、肉眼では確認できなかったんです。でもこうしてズームで観てみると、このダブルにはちょっとだけ蜜腺の痕跡があったみたいです。
⊂(´0`)⊃

蜜腺とシベ


蜜腺とシベの終焉。開花後数日で蜜腺は剥がれ落ち、最盛期をすぎるとシベたちも同様に散ってしまいますので、まさにガクだけの状態になります。子房とガクだけが残ります。

ホント、クリスマスローズの良いところは、このガクが花びらのように見えるので長く楽しめますよね。

さて、地面におちたこのシベたち。
皆さんはどうされてますか? これらはカビが生える原因になりますのでそのままにせず、撤去するようにしましょう~ネ!