スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘラボを花瓶に♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年04月20日 金曜日 [Edit] 

リビダス



【学名】Helleborus lividus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【流通名】クリスマスローズ ヘレボラス リビダス
【和名】冬姫牡丹(ヒメフユボタン)  【別名】リビダス
【性状】原種系 有径 耐寒性多年草(やや弱い) 【草丈】40cm
【原産地】マヨルカ島など地中海の島々

我が家では今が盛りのクリスマスローズ
充実し始めた株、今年初めてその花をつけてくれた株、ちょっとトラブルに見舞われた株。それぞれの株の事情はあるものの、お庭にすくっと立ち花を咲かせてくれている姿を眺めつつ、至福のときをすごしている私です。そして今年は種も採取して、育てるのだーと息巻いております。

がっ、やっぱりお部屋でも楽しみた~~い!と少し花柄を切りとり花瓶に生けました。すでに2週間ほどたっているのですが、茎が細いもののなかにはうまく水揚げできないものもありましたけど、まだまだ楽しめそうな雰囲気。

こちらのお写真は、地植えにしていたリビダスの花茎が突然折れてしまったので、切り取った花茎とフェチダスを小さなガワンショット用のグラスに生けたものです。

病気になってしまったのではと、不安でしたが、新しい葉っぱが展開しはじめてくれているので、なんとか持ち直してくれたようです。
原因はなんだったのか! ナメクジとかヨトウムシなどの害虫かしらん。
フェチダス



【学名】Helleborus foetidus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】クリスマスローズ 【英名】Stinking hellebore, Dungwort, or Bear's foot
【別名】木立性クリスマスローズ
【流通名】フォエティドゥス フェチダス フェチェダス フェヂチス【系統】原種系 有茎種 【原産地】西ヨーヨッパ・南ヨーロッパ
【性状】耐寒性常緑多年草 【花期】2月~3月
【草丈】90センチ 【花径】3センチ  【花色】緑色

本当に花期がながいフェチダスはもっと花茎を切ってもよいと思うのですが、有茎のこのフェチダス。切り方とりかたを間違えると株が枯れこんでしまうとも聞いているので、恐る恐る短めに切り取りました。

まだ成熟していないリビダスの花は小さくて、フェチダスと一緒に生けるにはちょうどよい大きさです。


オリエンタリス



【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタス ヘレボラス
【和名】姫冬牡丹(ヒメフユボタン)
【英名】 Lenten rose (hellebore)
【流通名】レンテンローズ  【別名】雪おこし(ユキオコシ)
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月

こちらはオリエンタリス系だけをまとめて、和風の花瓶に生けたもの。
一重のカップ咲きと八重咲き、それにルーセブラックを取り混ぜました。

シベたちは生け花にしてしまうと、すごい勢いで落ちるので、毎日のように花瓶の足元に散らばったシベたちをお掃除しなくてはならないのが、ちょっと面倒ではありますが、それ以上に室内でも楽しめることがうれしいです。

ちなみに3~4日おきに茎を切り詰めつつ、花瓶のお水を取り替えています。本当なら毎日お水を取り替えてあげるともっと花もちがよいのでしょうけど・・・ (;´▽`lllA``