スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミヤマオダマキ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月16日 水曜日 [Edit] 

ミヤマオダマキの距



【学名】Aquilegia japonica  
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属 
【和名】深山苧環(ミヤマオダマキ) 【英名】Aquilegia アキレギア
【性状】耐寒性宿根草  【期】5月

苧環の品種のなかでも、我が家では一番株数の多いのが、この深山苧環です。
一度もタネマキをしたことは無いのですが、順繰りに世代交代がうまくいってくれていて、毎年消失せずにお庭のどこかで必ず咲いてくれます。

普通私は宿根系の草の場合、来年のためにタネをつけさせず茎をきるのですが、このオダマキは別。
自然に任せています。

と申しますのも、いずれにせよオダマキは寿命が短く長年同じ株を楽しめるわけではないからです。

先日アップした西洋オダマキの場合、まだ経験年数が短くてどんな感じなのかがわからないのですが、他に西洋オダマキを育てていらっしゃる方もこぼれたタネから結構発芽してくれるとおっしゃっておられたので、西洋オダマキの場合も自然の理に任せてみようかなぁ~と思っています。

それにしてもこの距は、くるくるカールでとってもかわいい♪
西洋オダマキにはないカールぶりです。
苧環とエリザベス



昨日アップしたモンタナの株元で、私も忘れないでとばかり満開に咲きそろっています。
双方ともにパステル調の色あいなので、薄桃色と薄青色のコントラストがやさしい雰囲気をかもしだしてくれます。

ところで、昨夜から深夜にかけてNTT東日本のネット回線がダウン!
ネットがつながらないと不便ですよね~
最近は携帯電話の機能が進んできているので助かりますが。


弊ブログ内関連記事: オダマキ