スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白色華鬘草の変化

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月18日 金曜日 [Edit] 

白色ケマンソウ

Dicentra spectabilis Lemaire



【学名】Dicentra spectabilis Lemaire 
【科名】ケマンソウ科 Fumariaceae 【属名】ケシ属 Papaveraceae
【和名】華鬘草(ケマンソウ) 【英名】Bleeding Heart  
【別名】鯛釣草(タイツリソウ) フジボタン キンチャクボタン ケマンボタン ヨウラクボタン

ゆらゆらとハート型したお花を揺らしていたケマンソウもそろそろ終焉に向かっています。
咲き始めにハートの形をしているのですが、満開の状態ですと蛸の足のようにハートの脇に足を伸ばし、最盛期を過ぎるとその足はちぎれて落ち、完全なハート型に戻ります。

下の写真が完全に終わってしまう前のケマンソウの花です。
ケマンソウ

お花が終わったケマンソウ




宿根草系の草花の中では一番乗り組みで春のおを彩ってくれていたケマンソウも、そろそろクレマチスやバラたちにバトンを渡します。

ケマンソウはお花が終わると葉っぱだけになり、夏までには葉っぱが枯れこむので、美観が悪くなるのですが、このお花のかわいらしさを思うと、それも仕方が無い。(笑)

液肥などを施すのを忘れないようにしつつ、来年もキレイに花を咲かせてもらわなくては!