スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーバロー y(^ヮ^)y

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年05月26日 土曜日 [Edit] 

Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Blue Barlow’

Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Blue Barlow’

 

【学名】 Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Blue Barlow’
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ブルー・バロー
【咲き方】ポンポン咲き 八重咲き 下向き
【和名】 西洋苧環(オダマキ) 【英名】 Columbine
【性状】耐寒性宿根草

さて、先日ご紹介したブラックバローに引き続きまして、今日は青色のブルーバローです。
ブルーといってもやっぱりちょっと紫色というか、いわゆるブルーという色あいとはちょっと違う感じではありますが、苗にささっていたラベルには、確かに「ブルーバロー」と書いてありました。

こちらは、ブラックバローとルビーポートの違う種類を三種類集めた鉢植えにしてあり、昨年から育てております。
植え替えもしておりませんでしたが、スクスクと育ち、地植えにしてあるブラックバローよりも花径が大きいんです。肥料をあげすぎちゃったかしら。もう少し小ぶりに咲いて欲しかったと、贅沢な悩み。(笑)
Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Blue Barlow’

Aquilegia vulgaris var.stellata ‘Blue Barlow’




去年はあえて株にタネをつけさせませんでしたが、寿命が短い西洋オダマキですので、今年はこちらもタネを採取しまた増殖したいと思っております。y(^ヮ^)y

でもねぇ~ ちょっと気になっていることが。
今年春先に播いた西洋オダマキのタネたち、1ヶ月以上たつのにウンともすんともいわないんです。昨年のタネマキのことを考えるとそろそろ発芽してくれても良いと思うんですけど。(;´▽`lllA``

ルビーポートやブラックバローと交配しちゃったりすると、また別の感じのバローが生まれたりするのかしらん? ワクワク!