スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒花フウロのタネ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月10日 日曜日 [Edit] 

Geranium phaeum var. phaeum

Geranium phaeum var. phaeum

 

【学名】Geranium phaeum var. phaeum
【科名】フウロソウ科 Geraniaceae【属名】フウロウソウ属
【和名】黒花風露草(クロバナフウロソウ)【英名】Mourning Widows Crane's-bill
【別名】ファエウム 【原産地】ピレネー
【性状】耐寒性 初夏咲き多年草 【咲き方】一重咲き中輪

黒花フウロもそろそろをつけ始めています。
地植えのものにはをつけさせることにして、鉢植えのものは地際から花茎を切り取って整理し、花が盛りのものだけ2本残した状態にしています。

以前、ゼラニウムのを発芽させようとして失敗したのですが、このフウロは増やしたいので、ぜひともタネマキに挑戦したいと思っているんです。

槍のようなツンと伸びたの形はゼラニウムのの鞘とそっくりです。ちょっと細めですけど。

Geranium phaeum var. phaeum

Geranium phaeum var. phaeum




この鞘の中には何粒のが入っているのかしらん。
こぼれたからも発芽してくれるかもしれませんよね?

下から順番にお花が花茎のてっぺんに向かって咲いてゆくので、も花茎の下のほうから順番に製造しているのですが、中にはうまく結婚までこぎつけられなかったのか、ができていないものもあります。

はてさて、今後このフウロ、いかがなってゆくのでしょう。
長く我が家に滞在して欲しいものです。