スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オダマキとロマンチカ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月18日 月曜日 [Edit] 

Aquilegia × hybrida

Aquilegia × hybrida

 

【学名】Aquilegia × hybrida
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】不詳 【和名】西洋オダマキ   
【英名】Columbine  【別名】アキレイギアAquilegia
【性状】耐寒性多年草 耐寒性(強)  【系統】中型  
【草丈】40~60cm  【花径】5cm  【花期】5月~6月  

西洋オダマキは開花しはじめてから、すでに種を作り始めているのですがなかなか鞘を開いてくれず、早く採取したいのにとジリジリしている私です。

種を作りつつもきれいに開花しているものと、蕾とが混在しているのでオダマキは意外と長い期間お花を楽しむことができます。

でも来年も宿根草として開花してくれるはずなので、採取しないところは切り取ったりして、無駄に種を作らせないようにしつつ管理中です。

クレマチスの‘ロマンチカ’と寄せ植えにしたこの臙脂色のオダマキがとてもきれいに咲いていてくれてます。‘ロマンチカ’と距離があって後ろで写っているのがボケてしまってますが。
Aquilegia × hybrida

Aquilegia × hybrida




‘ロマンチカ’も八部咲きとなってきたので、そろそろ剪定してあげなくちゃと思っています。

この臙脂のオダマキも株が二つしかないので、大事に育てて種を採る手はずです。

弊ブログ内関連記事: オダマキ