スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三番花の‘ヘンダーソニー’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月21日 木曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia 'Hendersonii'

Clematis integrifolia 'Hendersonii'

 

【学名】Clematis integrifolia 'Hendersonii'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属 (センニンソウ属)
【英名】Clematis x diversifolia 'Hendersonii'
【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(5~10月) 半鐘咲き 
【花径】6センチ 【高さ】60~70センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】青紫色 【剪定】強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】ヘンダーソニー 【作出者】Henderson氏
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella
【備考】#C015

このクレマチス‘ヘンダーソニー’は、一番花が咲いたのが5月下旬。
その後、その一番花が咲いたあと、花柄を摘んでおいたところ、脇芽が伸びてきて、お花が咲きました。
この脇から出た芽が咲く前にも、他の茎からもお花が咲いているので、時期的には三回目の開花です。

脇芽はちゃんと二本でてくれて、お花も二つ咲きましたが、今度はその脇芽のそれそれの部分にも蕾が出ていて、しかも一つの茎に複数の蕾が出てまして、なかなか順調に長い期間咲いてくれています。

このクレマチスは、想像していた以上に繰り返し咲くので、とっても嬉しい私です~

ただ、一番花に比べるとお花の大きさが小さくて、ちょっと花弁の色が褪せたような感じ。んんん~施肥の仕方に問題があるのかもしれません。というわけで、せっせと液肥を施しております。

加えて昨今の太陽光線!あまりに激しいので、少し焼けてしまっているのかなぁ~とも。
Clematis integrifolia 'Hendersonii'

Clematis integrifolia 'Hendersonii'




蕾があがってくるときは、鞘のような葉っぱに包まれているのですが、これがぱくっと開いて、いきなり紫色の蕾が表れます。
ちょうど良いタイミングで写真に収めることができました!

以前、この蕾が葉っぱが開く前に、ナメクジと思われる容疑虫に食べられてしまったのですが、今回はダイジョウブでした。

最近の猛暑には並行中で、先日少し土を盛って株元を暑さから守ってあげました。植えつけたときにかなり深植えにしたつもりではあるのですが、レイズドベッドになっている花壇に植えてあるので、実際にはまだ根っこが地中の奥深くにもぐっていない状態なのかもしれないなぁ~。暑さ寒さにはまだ完全に対応できない未熟な株であるようにも思うんです。

今年はまだ入梅もしていないというのに、あちらこちらでナメクジやカタツムリと遭遇することが多いんです。皆さんのところはどうですか?

さて、あと何輪、何回に亘って‘ヘンダーソニー’を見ることができるのか、本当に楽しみです。Y(=▽=)Y~☆


弊ブログ内関連記事: クレマチス‘ヘンダーソニー’