スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンパニュラ‘ベルフラワー’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月25日 月曜日 [Edit] 

Campanula portenschlagiana

Campanula portenschlagiana

 

【学名】Campanula portenschlagiana
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】カンパヌラ(ホタルブクロ)属
【和名】乙女桔梗(オトメギキョウ ) 【英名】Dalmatian bellflower
【別名】ベルフラワー またはポシャルスキャナ
【性状】耐寒性宿根草 【期】5~6月
【原産地】ユーゴスラビア北部

昨日の「趣味の園芸」はカンパニュラの仲間でしたね。
我が家でも何種類か育てていますが、今日はベルフラワーをご紹介することにしました。
久山先生のオススメは、「イトシャジン」でしたが、残念ながらまだ我が家では育てたことがないんです。北アメリカに分布している背丈が高くなるもの、「野うさぎのベル」と呼ばれているそうです。

このベルフラワーはどちらかというと背丈が小さく、匍匐してゆきます。夏越しがちょっと難しくて、日当たりで地植えにしたものは越冬できませんでした。

でもハンギングの素材としてあるものは、もう何年も生き延びてくれています。
Campanula portenschlagiana

Campanula portenschlagiana




このベルフラワーは4月くらいに園芸店でおが終わった状態で購入したもので、やはり半値だったと思います。
株を半分くらい切り戻して、寄せ植えにしておいたところ見事に返り咲いてくれました。

その際、株分けをしたものもあったのですが、これにもおが咲いてくれていて、ただいま満開です。こちらはダメモトだったので、地植えにしてあります。

これからの時期は暑くなるので、鉢植えの置き場所に注意しつつ管理しなくては!イメージとしては、山野草と同様の扱いにすると良いと思います。

弊ブログ内関連記事: カンパニュラの仲間