スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤色ナスタチューム

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月24日 日曜日 [Edit] 

Tropaeolum majus

Tropaeolum majus

 

【学名】Tropaeolum majus
【科名】ノウゼンハレン科 Tropaeolaceae 【属名】ノウゼンハレン属
【和名】金蓮花(キンレンカ)  凌霄葉蓮(ノウゼンハレン)
【英名】Nasturtium(ナスタチューム) Indian Cress(インディアンクレス) Nose-twister(ノーズツイスター)
【性状】非耐寒性一年草または多年草

凌霄葉蓮(ノウゼンハレン)科というのもちょっと舌がからまりそうだといつも思うのですが、ナスタチュームのご紹介です。
葉っぱが蓮に似ていることにちなみます。

またオランダガラシ(クレソン)属といわれるように、葉っぱを食べると少しピリッと辛い味がします。いわゆるエディブル・フラワー でおもサラダなどに装飾としても使えるのです。

春先にタネを播いておきましたものが、開となりました。
タネは一晩お水につけておいてから播きました。さらに開を促すためには、外側の殻にカッターナイフなどで少しキズをつけておくとよいです。

これから暑くなるとつきはあまりよくなくなるので、本当ならもっと早くに播いておけばよかったのですが・・。
来年は早い時期に室内でタネマキをしよう!

Tropaeolum majus

Tropaeolum majus




寒さに弱いのに暑さにはそう強くないのは、原産地がアンデス山脈などであることを知れば、なるほどです。

今現在咲いているのはこの朱色のですが、他に黄色や橙色のも咲いてくれるはずです。今年は葉っぱに斑が入るタイプの‘Alaska Tip Top Red’(一年草)という種類も買って直播きにしてますが、まだ双葉すらでてくれていないのでした。(;´▽`lllA``

ナスタチュームは土壌を選ばず、痩せた土地でも良く育つのは我が家向きです。早く他の子たちも元気に育ってくれないかしらん。


弊ブログ内関連記事: ナスタチューム