スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白色の紫蘭(シラン)

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年06月26日 火曜日 [Edit] 

Bletilla striata

Bletilla striata

 

【学名】Bletilla striata
【科名】ラン科 Orchidaceae 【属名】シラン
【和名】紫蘭(シラン)【英名】Chinese Ground Orchid
【原産地】日本 台湾
【性状】耐寒性宿根草

カバープランツのアイテムやシェードガーデンを彩る丈夫な蘭。本来は日当たりを好む植物ですが、日陰くらいにおいて緩慢に育てるくらいのほうが私は好きです。
シランは放任しておいても丈夫に育ち、毎年少しづつその株数を増やしてゆきます。

でもこの白色シランはなかなか株数が増えてくれません。
2004年に入手したときは、小さなビニールポットに入っていたのですが、すぐに地植えにしてしまい、その後も植え付け場所を移動させてしまったりしているせいか、今年も立ち上がった花茎は二本のみでした。

でも昨年に比べると明らかに元気になってきていて、葉っぱも長く幅が広くなってきました。
Bletilla striata

Bletilla striata




こちらは、シランというとほとんどの方が想像されるお花の色ですね。
紫色ともピンク色ともいえる色あいです。
こちらのシランは何度か株分けなどをしているので、あちこちで咲きました。完全に北側(明るい日陰)となるところでも植えつけてみたのですが。こちらも成功!

ですが、私としましては今後この派手なお花の色は北側へ移動させ、白色シランのほうをメインにしたいなぁ~と思っているのです。

お花が終わった後、葉っぱがワサワサしてしまうのでこの始末がちょっと水仙の葉っぱと同じ感じになってしまうのが、気になるところです。

秋になったらしばらく手を入れていない部分を分けてあげようと思っています。3~4年ごとに分けてあげるとのびのび育ちます。株分けの時には、一株づつではなく、ある程度の塊りで植えつけるほうが失敗が少ないと思います。