スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマユリのかほり

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年08月02日 木曜日 [Edit] 

Lilium auratum

Lilium auratum
すぅ@管理人 季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Lilium auratum
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ユリ属
【和名】山百合(ヤマユリ)【英名】Golden-rayed lily
【別名】鳳来寺百合(ホウライジユリ)
【性状】耐寒性宿根球根 【期】7月~8月

不思議なことがあるものです。
壊滅してしまったと思っていた山百合が今年は三本咲きました。
一本目には、おが4つ。
二本目には、おが3つ。
三本目には、おが1つ。

この三本目のおは花茎も細くて、親株から鱗が分かれたのか、子株のようにして寄り添うように咲いてます。
あらら、増えてます。

でもそのかわり!? 今年一本も咲かないのが鉄砲百合。
園芸を始めたばかりのころには、何十本もあったのに、年々その数は減ってゆきとうとう一本もなくなってしまいました。

でも私個人としては個性豊かながら、日本に昔からあるこの山百合は大型で見ごたえ、そしてむせ返るような香りも好きなので、鉄砲百合には申し訳ないのですが、山百合の復活のほうが喜ばしいのです。
Lilium auratum

Lilium auratum
すぅ@管理人 季寄 ~hanakiyose~




着物を着た女性の姿は後姿がまた美しいといわれますが、この百合も同じ!後ろから写したものもなかなかよいでしょう~?

お写真を撮ったところで、切り取ってお玄関に飾りました。
お仕事から帰ってくると、この百合の香りが家の中に充満していて、香りが苦手な方ならば、ちょっとドギツくめまいがするくらいのすごさです。

が、私はこれを喜んで受け止め、さらにクンクンと鼻を寄せているのです。

にしてしまうとこの時期の痛みが早いので、毎日数センチ切っては水を替えてます。少しでも長く楽しみたいですもの。