スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活!Clematis 'Bell of Woking'

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年10月09日 火曜日 [Edit] 

<i>Clematis</i> 'Bell of Woking' - クレマチス・ベル・オブ・ウォッキング

Clematis 'Bell of Woking' - クレマチス・ベル・オブ・ウォッキング
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis 'Bell of Woking' あらため Clematis 'Belle de Woking'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】クレマチス  【英名】Clematis
【流通名】クレマチス・ベルオブウォッキング  【系統】パテンス系 Patens/ フロリダ系 Florida
【性状】耐寒性宿根草   【咲き方】早咲き大輪系四季咲き ダリア咲き
【高さ】200~300センチ  【耐寒性】強い
【花径】9センチ    【花色】桃色 ~ 紫色へ変化  
【剪定】任意剪定 新・旧枝咲き 
【作出】George Jackman in 1875 イギリス
【交配】C.‘Lanuginosa Candida’ ×  C.‘Fortunei’
【用途】地植え 鉢植え
【備考】#C028

春に購入した苗をそのまま地植えにしてしまった‘ベルオブウォッキング’ですが、ちょっと日陰すぎてしまったのか、そばに植えてあった白蝶草に養分をもぎ取られてしまったのか、生育不良です。

加えて、先日あげた液体肥料の濃度が高すぎたのか?それとも急に寒くなってきたせいなのか、葉っぱが少し病んでいる感じに見えます。

八重咲きのクレマチスはこの子だけで、今年はダッチェスオブエジンバラを枯らしてしまったので、この子に期待は集中しているのですが・・・。

来年の春には咲いてくれるかなぁ~
<i>Clematis</i> 'Bell of Woking' - クレマチス・ベル・オブ・ウオッキング

Clematis 'Bell of Woking' - クレマチス・ベル・オブ・ウオッキング
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~




なんだか葉っぱだけの様子を記事にさせていただくというのも、申し訳ないので、購入したお店のリンクを掲載しておきますね(^^ゞ




そもそもパテンス系というのはどういう意味なのかしらん?
と思い、ぐぐってみましたら、カザグルマの交配種で、「開く」という意味があるそうです。

難しく考えず、カザグルマを育てる感覚でお付き合いすればよいのね~と思っていたら、アレレ、どうやらこの子はフロリダ系とされているらしいです。ずっとパテンス系だと思っていたのですが・・(^^ゞ 

明確にならないままですが、いつものお勉強タイム!

【ベルオブウォッキングの育て方】

■植え付け
適期は、9月半ば~10月と休眠期の2月~3月ですが、失敗しにくいのは休眠期だと思います。一般的にクレマチスの場合、真夏の酷暑を除いては、通年で植え付けが可能です。
鉢植えの場合、5号以上の大きくて深い鉢を選び、深植えにします。
用土は赤玉土:4 ピートモス:4 バーミキュライト:2 に緩効性の肥料をすきこみます。
庭植えの場合には、直径、深さともに40cm以上の穴を掘り、ふかふかの土にしてあげてから根鉢を崩さないように植えつけます。

■水やり
真夏に水切れを起こさせないようにします。


■施肥
特に剪定した後には、リン酸・カリ分の多い有機肥料を施すようにします。普段は定期的に液体肥料を与えると生育が良いようです。
あげたりあげなかったりするのは、あまり良い影響を与えないそうです。

■増やし方
春からの生育期に挿し木にして殖やすことができます。

■剪定
弱剪定にすると花が大きくなり、強剪定では花数は増えますが、大きさは小さくなるそうです。

それにしても生育が悪いなぁ~ なんとしても来年の春には咲いてもらいたいものです。