スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高嶺半鐘蔓のかわいらしさ!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年10月04日 木曜日 [Edit] 

Clematis lasianndra Maxim. - 高嶺半鐘蔓(タカネハンショウヅル)

Clematis lasianndra Maxim. - 高嶺半鐘蔓(タカネハンショウヅル)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis lasianndra Maxim.
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss) センニンソウ属
【英名】Clematis japonica
【系統】原種系 【咲き方】ベル咲き 返り咲きあり
【性状】落葉宿根草
【花径】3センチ 【高さ】250~300センチ
【耐寒性】強い 最低温度-10℃
【花色】赤褐色  【花期】9~10月
【剪定】弱剪定~強剪定 新枝咲き
【流通名】高嶺半鐘蔓(タカネハンショウヅル)
【用途】地植え
【備考】#C005

9月のはじめくらいだったでしょうか。小さな蕾を見つけてワクワクしてその開花を待っていた私。

9月の末に二輪咲いてくれたのですが、雨が降ったり時間が合わなかったりで、なかなかお写真に収めることができず・・
今日ようやくその姿をアップすることができました~

ブランコのようにゆらゆらと揺れる感じもかわいらしくて、今年初めて開花してくれたこの子に感謝!感謝!です。

地植えにしたのは確か4月でした。小さな苗のうちは深めの鉢(薔薇の苗木が入っていたもの)で越冬させたので、我が家で迎える秋は二回目です。

↓の写真にあるように、蕾は緑色をしておりましたが、それが除除に膨らんでくると同時に白色が増してきて、そこにうっすらと桃色が入ってくるといよいよ開花寸前となり、ある日の朝ぼこっと咲いてくれる感じです。
Clematis lasianndra Maxim. - 高嶺半鐘蔓(タカネハンショウヅル)

Clematis lasianndra Maxim. - 高嶺半鐘蔓(タカネハンショウヅル)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~




秋に咲いてくれるクレマチスは、四季咲きのものを除けばこの子くらいしか今のところいませんので、秋には山野草くらいしか咲かない我が庭に華やかさを運んできてくれました。

モンタナ系のクレマから反対側の領域に植えたのですが、ツルはどんどん伸びてモンタナに絡まってしまっております。どれがタカネハンショウヅルなのか見分けがつきにくくなってしまいました。あわわ。

でも、本当に嬉しい~開花です。

自生しているハンショウヅルは、森の中の木に太陽を求めて伸びてゆくようなイメージなので、夏の間は株元が少し半日陰になるようなところに植えつけました。でも、ハンショウヅルとタカネハンショウヅルは別の系統だったのですね。


【タカネハンショウヅルの育て方】


■植え付け
私の場合、地植えで管理中です。夏の暑さに少々弱いようなので、足元にはあまりガンガン太陽が当たらないようなところに植えつけました。

■水やり
地植えの場合にはほとんど不要です。

■施肥
生育中は定期的に与えます。

■増やし方
挿し木で殖やすことができます。
適期は春です。

■剪定
新枝咲きですので、休眠期には強剪定ができますが、私の場合今年は花後に花柄を摘み、休眠期でもあまり短く剪定しないようにしてみることにしようかな。

ちなみにおぎはら植物園様から購入したのものです。

弊ブログ内関連記事: タカネハンショウヅル | クレマチスの種類と育て方