スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大文字草のつぼみ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年09月24日 月曜日 [Edit] 

Saxifraga fortunei var. incisolobata - 大文字草(ダイモンジソウ)

Saxifraga fortunei var. incisolobata - 大文字草(ダイモンジソウ)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Saxifraga fortunei var. incisolobata
【科名】ユキノシタ科 Saxifragaceae 【属名】ユキノシタ属 (サクシフラガ)
【和名】大文字草(ダイモンジソウ) 
【別名】岩蕗(イワブキ)
【性状】耐寒性宿根草   【花期】9~11月
【品種名】不明

鉢植えで管理しているダイモンジソウの蕾があがってきました。
これは白色の花が咲きます。

蕾が見えてきたときには、ちょっとカリフラワーっぽい感じです。こんもりとしたものが、除除に頭を上げてきます。

今年春に植え替えをしてあげなかったのですが、夏場に葉焼けを起こさせてしまったのにもかかわらず、昨年よりも花の上がり方は良いみたいで、ニンマリです。

でも岩にケト土と一緒に植えつけてあるアカバナダイモンジは、まだ蕾があがってきていません。

ダイモンジソウには薬用効果もあるそうで、開花の時期に苗ごと掘り起こして乾燥させたものを煎じて飲むと、利尿、頻尿、むくみ、便秘などに効くのだそうです。
Saxifraga fortunei var. incisolobata - 大文字草(ダイモンジソウ)画像名

Saxifraga fortunei var. incisolobata - 大文字草(ダイモンジソウ)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~




昨年は開花が10月に入ってからだったはずですので、今年は少し早い開花となりそうな感じです。

お隣のオジサマ宅では、大文字草の種がこぼれて色々なところから発芽するそうなのですが、私の家ではなかなか自然にこぼれた種からは苗が育ってくれません。

地植えにしたものは4年目くらいで消滅してしまいました。やはり鉢植えで管理し、毎年植え替えをしてあげたほうが寿命は長くなるようです。

【ダイモンジソウの育て方】

ヤサシイエンゲイにも詳しい育て方があります。

■植え付け
涼しい山の岩場などに自生していることをイメージし、水はけのよい砂土や鹿沼土を使います。

■水やり
水切れさせないように注意しますが、あまりにもジメジメしすぎた状態もよくありません。用土を工夫します。

■施肥
多肥にならないようにします。

■増やし方
株分けか種まきで増やすことができます。
株分けは、目が動き出す前のまだ気温が上がらない早春に行えます。あまり細かく分けすぎないほうが失敗が少ないようです。
前年に咲いた花茎などや古い根を取り除いて、株分けします。


弊ブログ内関連記事: 大文字草