スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスローズ - 9月の管理

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年09月27日 木曜日 [Edit] 

Helleborus x Hybridus - クリスマスローズ・オリエンタリス - ヘレボラス

Helleborus x Hybridus - クリスマスローズ・オリエンタリス - ヘレボラス
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus x Hybridus
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaeae  【属名】ヘレボラス属 Helleborus
【別名】クリスマスローズ・オリエンタリス ヘレボラス
【和名】姫冬牡丹(ヒメフユボタン) 【英名】 Lenten rose (hellebore)
【流通名】レンテンローズ   【別名】雪おこし(ユキオコシ)
【性状】耐寒性常緑多年草 無茎 【花期】2月~4月
【草丈】90センチ 【花径】4~5センチ  【花色】緑色
【咲き方】平咲き 一重咲き 

ヘラボちゃんたちの中でも群を抜いて、みずみずしい青々とした葉っぱを伸ばしてくれたので、あぁ~秋も深まってきたのだわぁ~
いよいよお目覚め!なのね。暑い夏を乗り切ってくれてありがとうと声をかけてあげたくなった瞬間であります。

【クリスマスローズの育て方 - 9月の管理】

夏の間は休眠期のクリスマスローズ(本当はヘラボレス)には、夏場は涼しいところで管理してあげて、秋になってきてからは除除に肥料などを施してあげるようになります。

9月以降は植え替えの時期でもあり、鉢で育てているもので根っこが回ってしまっているものは、一回り大きな鉢に植え替えをしてあげなくてはなりません。もっとも今年は暑さが厳しいし、まだ暑さが戻ってきたりしているので、とくに関東以西ならば10月に入ってからの作業となるのではないでしょうか。
Helleborus x Hybridus - クリスマスローズ・オリエンタリス - ヘレボラス

Helleborus x Hybridus - クリスマスローズ・オリエンタリス - ヘレボラス
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~




この時期に花芽を作り始めるので、管理としてはとても重要な時期です。

与える肥料ですが、液体肥料(5:10:5)を1000倍以上に希釈したものを、週に一回程度与えるようにします。成分が等分の化成肥料をおいておくのも有効です。

また病気や害虫の心配もあります。この時期はシジミチョウなどの昆虫が葉っぱに卵を産みつけたり、アブラムシやスリップスなども気温が下がってくる秋には、再び動きが活発になります。

私もこのヘラボだけでなく、バラなどにもかなりのアブラムシを見つけたので、月曜日にオルトランとスミチオンを散布したばかりです。

またこれからの台風の季節、強風などで折れてしまった葉っぱから菌が進入し、軟腐病になってしまう場合もあるのだそうです。幸運なことに私はまだ軟腐病の被害にはあったことがありません。

今年5月に入手した小さな苗も地植えにしてしまっているので、少々冬越しが心配ではありますが、来年の春に大輪の花を咲かせてくれることを願いつつ、この子たちのケアを続けてゆきたいと思います。

弊ブログ内関連記事: Helleborus