スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スモークツリー 煙の木

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年10月01日 月曜日 [Edit] 

Cotinus coggygria - Smoke Tree - 白熊の木(ハグマノキ)

Cotinus coggygria - Smoke Tree - 白熊の木(ハグマノキ)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Cotinus coggygria
【科名】ウルシ科 Anacardiaceae  【属名】ハグマノキ属
【和名】煙の木(けむりのき)【英名】Flame Smoketree / Smoke Tree / Smoke Bush
【別名】白熊の木(ハグマノキ)/ 霞の木(かすみのき)【流通名】スモークツリー 【品種名】ピンクボール (Pink Ball)
【原産地】南ヨーロッパ ヒマラヤ 中国 【性状】耐寒性落葉花木 
【樹高】3~6m 【花期】4月~6月 
【植え付け時期】11月~3月(落葉期)【耐寒性】強い

お庭のシンボルツリーとしてもオススメと書かれている雑誌も多い、スモークツリー。私は今ハナミヅキをシンボルツリーにしようと育てているところなのですが、先日HCで半値になっているこの子を見つけてしまい、家に連れて帰ってしまいました。

スモークツリーという名前は、そのまま見たまま。フワフワした綿菓子のような姿から英語ではそう呼ばれています。

日本では、ヤク(白熊)の尻尾の毛を束ねた仏具の払子(ホッス)に似ているという意味。トコロ変わればですね。ちなみに払子はもともとインドで蝿などを払うために使われていた「はたき」ようなものが、仏教では煩悩を払うために使われるようになったそうです。

さて、はじめて育てる植物ですので、いつものようにお勉強タイムです。

はじめてということで言えば、ウルシ科の植物を育てるのもはじめてです。ウルシといえば漆器に使われるあのかぶれてしまうウルシのイメージが。小さい頃にウルシにかぶれたことがあるので、ちょっとビクビクです。

案の定このスモークツリーも人によっては植え付けの作業などによって、かぶれてしまうそうなので、要注意です。その原因は「ウルシオール」という成分によるもので、かゆみだけでなくひどい人は水泡のようなものができたり、ウルシの木を燃やした煙を吸い込むと器官疾患がでたりするのだそうです。コワイコワイ(;´▽`lllA``

またウルシは雌雄異株の落葉高木です。というわけでスモークツリーにもメスオスがあったんですね~ 種をつけるのはメスのほうですので、スモークツリーとして売られているのはメスの木です。
Cotinus coggygria - Smoke Tree - 白熊の木(ハグマノキ)

Cotinus coggygria - Smoke Tree - 白熊の木(ハグマノキ)
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~




お花がきれいに咲き始めるようになるのは、樹高が1.5メートルくらいになってからだそうなので、我が家のものがまだ30センチほどであることを考えると、あと2~3年は、待たなくてはなりませんね。

楽しみ方として、切花はもちろん、ドライフラワーとしても利用できます。

【スモークツリーの育て方】

■植え付け
日当たりと水はけのよい場所を好みます。過湿を嫌います。
根が浅く倒れやすいので、大きくなるまでは支柱を立てたり、風があまりあたらないようなところで管理します。

■水やり
鉢植えの場合は水切れに気をつけて管理し、鉢土の表面が乾いたらたっぷり水遣りしてください。

■施肥
植え付けを行う際に土に堆肥を混ぜ込むのと花後と寒肥、早春に緩効性肥料を施しますが、通年を通し控えめのほうがよいようです。

■増やし方
挿し木で殖やすことができます。適期は真夏です。適度な湿度を保つようにします。

■剪定
一年に1回、秋に剪定を行いますが、前述にもあるとおり樹液などに触れないように完全防備で、間違っても素手などで作業しないようにします。

■病気
うどんこ病が発生しやすいそうです。
実際、私が購入したものにも少し発症しているのが確認できました。
HCの方の管理もあまりうまくは無かったようです。だから半値だったのかも!?

スモークツリーには、ブロンズ色になるものピンク色が濃いものなど様々です。

Cotinus coggygria
Cotinus coggygria 'Golden Spirit' = 'Ancot'
Cotinus coggygria 'Green Fountain' = 'Kolcot'
Cotinus coggygria 'Kanari'
Cotinus coggygria 'Nordine'
Cotinus coggygria 'Notcutt's Variety'
Cotinus coggygria 'Pink Champagne'
Cotinus coggygria 'Red Beauty'
Cotinus coggygria 'Red Spirit' = 'Firstpur'
Cotinus coggygria 'Smokey Joe' = 'Lisjo'
Cotinus coggygria 'Velvet Cloak'
Cotinus coggygria 'Young Lady'



参考記事:ヤサシイエンゲイ - スモークツリー
Wikipedia参照記事: ウルシ科