スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリンジューム‘ブルーキャップ’の植付け完了!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年10月29日 月曜日 [Edit] 

Eryngium planum‘Blue Cap’- エリンジューム プラナム‘ブルーキャップ’

Eryngium planum‘Blue Cap’- エリンジューム プラナム‘ブルーキャップ’
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Eryngium planum ‘Blue Cap’
【科名】セリ科 Apiaceae 【属名】エリンジューム属
【和名】松笠薊(マツカサアザミ)【英名】Sea-holly / Eryngo
【別名】エリンギューム / エリンゴ / ヒゴタイサイコ / 丸葉のヒゴタイ柴胡(マルバノヒゴタイサイコ)
【流通名】プラナム / プラヌム
【流通名】ブルーキャップ
【原産地】南米、ヨーロッパ、コーカサスなど
【性状】耐寒性宿根草 (-15℃)

過日入手したエリンジュームのご紹介です。春から育てているプラナム種よりも背丈が低くなってくれるとことが気に入り、入手のはこびとなりました!

春に入手したものは、寒さに当ててあげなかったので、開花できなかったという失敗があるため、秋に絶対に入手しなくてはならなかったのでありマス(;´▽`lllA`` なので、入手した後、すぐに地植えにしておきました。あれから二週間ほど経って、毎日株の状態を見ておりますが良好です。

12月から2月くらいまでは、植え付けが可能である宿根草ですので、皆さんもいかがでしょうか? で、私はというと早速、お庭に植えつけました。植えつけたのは、お兄さん株のお隣。来年の二人の競演が楽しみです。
Eryngium planum‘Blue Cap’- エリンジューム プラナム‘ブルーキャップ’

Eryngium planum‘Blue Cap’- エリンジューム プラナム‘ブルーキャップ’
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~


↑こちらは入手時、まだビニールポットに植えられた状態。

若々しくみずみずしい芽が私の心を弾ませますY(=▽=)Y~☆
この子は二株入手したのですが、一株は今ちょっと日当たりが悪くなってます。と申しますのも、サルビア‘ホットリップス’が思った以上に生育旺盛で背丈がぐんと伸びてしまっているためです。

でももう少し経ったら、この子は休眠期に入りますし、どうしようかなぁ~と思ったのですが、‘ホットリップス’ちゃんには少し切り戻しするのを許してもらい、エリンジュームにお日様が当たるようにしてあげました。本格的な冬になる前に、元気に育ってもらって、根っこにしっかりと活着してもらわなければ!

冬になると霜柱などで根っこが持ち上がったりするのが怖いのです。
もう少ししたらやっぱりマルチングも必要です!

【エリンジュームの育て方】 

■植え付け
夏の暑さには弱いのですが、遮光するのは良くなく日当たりが良いところで、水はけのよい場所を選びます。でもこのプラナム種ならば比較的暑さに強いようです。
土壌の成分はあまり選ばないようですが、どちらかというと砂地を好みます。 苦土石灰などで中和させます。

梅雨時は雨が当たらないようにするのがベスト。

■水やり
鉢植えで管理する場合には、表土が乾いてから水やりをします。
地植えの場合にはあまり必要ない感じです。

■施肥
春から秋まで置き肥えをします。

■殖やし方
株分けは根っこが直状であるため難しいそうです。タネマキから育てるのが無難です。3~6月までか秋の9~10月がタネマキの時期です。

弊ブログ内関連記事: エリンジューム・プラナム