スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホトトギスたち

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2005年10月07日 金曜日 [Edit] 

紫色のホトトキス


【学名】Tricyrtis hirta
【科名】ユリ科 Liliaceae 【属名】ホトトギス属
【和名】杜鵑(ホトトギス) 【英名】Toad Lily

英名のToad Lilyですが・・

確かにカエルのような点々にも見えなくはないですが、カエルユリという名前はなんとかならなかったのかしらん。(^^ゞ
そこへいくと和名のほうがまだマシですよね。日本では鳥のホトトギスの胸あたりの模様にちなんでいるそうな。実際ホトトギスを間近で見たことはないんですけど、バードウォッチングがお好きな方、どう思います?

茶花としても愛されて、日本では古来から歌に詠まれたりしております。
とは申せ、私に歌ゴコロは無いのですが。正岡子規などの俳人でも有名な雑誌ホトトギス。これは年間購読2万円以上するんですよね~
日本人としては一度くらい読んでみるべきなのかなぁ~

ところで私には狙っているホトトギスがあります。
趣味の園芸で一度紹介されていたのですが、黄色いお花が咲く種類。
紀伊上臈杜鵑(キイロジョウホトトギス)っていうんです。
今のところ売り切れ~~ ただ黄色いお花ではなくて、枝垂れて咲くタイプが欲しいな~って思っているんです。
ところで白色のホトトギスも育てていますが、なんだか白色が無勢で紫色のホトトギスに制圧されつつあります。交配すると白色は出にくいのでしょうか

白色のホトトギス


いずれにせよ、秋を代表するお花! 愛でませう。