スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイバイ^^ ‘ロマンチカ’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年11月22日 木曜日 [Edit] 

Clematis 'Romantika' - クレマチス ジャックマニー系 ‘ロマンチカ’

Clematis 'Romantika' - クレマチス ジャックマニー系 ‘ロマンチカ’
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis 'Romantika'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis 'Romantika'
【系統】ジャックマニー系 Jackmanii 【咲き方】四季咲き(5~6月) 中輪咲き
【花径】8~12センチ 【高さ】200~300センチ【耐寒性】強い
【花色】黒色っぽい濃紫 【剪定】強い剪定 新枝咲き (小苗のうちは剪定不要)
【流通名】ロマンチカ
【作出者】Uno Kivistik, U. & A. Kivistik, Estonia in 1987
【用途】鉢植え 庭植え 切花
【備考】#C040

春から秋にかけて咲き続けてくれた‘ロマンチカ’もとっくに最後の一輪を散らしてしまい、枯れ葉とが混在しているような状態になっています。

冬の間はすっかり葉っぱは枯れるのですが、今年はどのくらい剪定しようかなぁ~ 
お隣に植えてあるモッコウバラがすごい勢いで伸びてしまったために株元はかなりの日陰になってしまっています。

現在の蔓が延びた位置ですと太陽が当たるので、あまり極端に剪定しないほうが良いようにも思っているのですが・・・
Clematis 'Romantika' - クレマチス ジャックマニー系 ‘ロマンチカ’

Clematis 'Romantika' - クレマチス ジャックマニー系 ‘ロマンチカ’
すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~


↑10月末の様子。

果球になるのかしらんと思っていたのですが、他にお花が咲かなかったので、受粉はできずこのままの状態で枯れてしまいました。
来年は種をとってみたいですね~!

でもクレマチスは種から育てたことがなく、どうもイメージ的にすごくむずかしい!って感じで、なかなか手が出せないでいる私です。


【ジャックマニー系クレマチス‘ロマンチカ’の育て方】

■植え付け
掘り上げた土に腐葉土、ピートモス、堆肥を3割程加えさらに元肥として緩行性肥料も混ぜて土をよく耕してから植えつけます。

■水やり
朝方たっぷりとあたえます。冬場の水遣りを多くしてしまうと根腐れしてしまうのでご注意を!

■施肥
 鉢植えの場合、土の表面が乾いたらたっぷり与えます。冬や真夏を除き、水遣りのときに液体肥料を施すのも成長を促します。


■剪定
新枝咲きで遅咲き系であるので、強剪定をすると四季咲き性の性格が如実に現れます。切り戻さないとあまり咲いてくれません。


■増やし方
挿し芽をとって春に増やすことができます。


弊ブログ内関連記事: クレマチス‘ロマンチカ’