スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サフランの番紅花

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2007年12月06日 木曜日 [Edit] 

Crocus sativus - サフラン

Crocus sativus - サフラン
 今日の一句 「秋に咲く サフランの花 短い命」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Crocus sativus
【科名】アヤメ科 Iridaceae 【属名】クロッカス属
【和名】サフラン 【別名】薬用サフラン(ヤクヨウサフラン)
【英名】Saffron crocus
【性状】耐寒性多年球根植物 【原産地】地中海沿岸 

すこしアップが遅くなりましたが、今日はサフランのお花をご紹介しています。

サフランには香りがあるのですが、その香りのの主成分はサフラナールと呼ばれているそうです。私の場合、地植えにしているため、寝転ばない限りは、その香りを楽しむことができないのです。今度鉢植えのものも作っておこうかな(笑)
Crocus sativus - サフラン

Crocus sativus - サフラン
 今日の一句 「番紅花 三っ寄り添う うなだれて」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



お料理などに使う雌シベは、3本あり番(蕃)紅花(バンコウカ)とも呼ばれます。今日はシベを採種したあとの写真でオシベの黄色しか残ってなくてすみません。色素はクロシン。この色素は水溶性で油には溶けないのでサフランライスやスペイン料理のパエリアなどにお使いになるときれいな黄色がでるわけです。

Crocus sativus - サフラン

Crocus sativus - サフラン
 今日の一句 「花々が 背伸びするよに おしくらまんじゅう」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



お写真に収める前に採種した雌しべを乾燥させたものを、ちょっとぬるま湯に浸すとキレイな黄色が出てきます。すでにこの液体を使ってサフランライスを楽しみました。新米とサフランとの絶妙なコンビで、美味しかったです。