スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小花を散らす大文字草

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2009年10月18日 日曜日 [Edit] 




【学名】Saxifraga fortunei var. incisolobata
【科名】ユキノシタ科  Saxifragaceaeサクシフラガ) 【属名】ユキノシタ属
【和名】大文字草ダイモンジソウ) 
【別名】人字草ジンジソウ) / 岩蕗イワブキ)  【原産】日本 中国
【性状】耐寒性宿根草   【花期】9~11月
【品種名】不明

夏の間に何度も水切れを起こし、葉っぱは痛みまくり・・・(;´▽`lllA``
瀕死の状態を何度も経験させてしまったというのに、こんなにたくさんのお花を咲かせてくれたのが嬉しい‘ダイモンジソウ’です。

白色、桃色、そして紅色の三種類を育てているのですが、一番成績がよいのが白色の大文字草です。紅色の子は、岩付けになっていて、かなり水不足・・ 毎年一番最後に、忘れた頃にしか咲いてくれません。桃色の子は一応咲いてくれたのですが、ちょっと元気がないんです。さすがに限界の状態を超えてしまったのでしょうね。


【PR】大人気 大文字草★山野草大文字草セット 3種3株1組は、最近お世話になっている国華園さんちで3,000 円也~

個性的な大文字草を探そう! at Rakuten


この白色の花もさることながら、シベのオレンジ色の部分と子房の光沢感がダイスキ♪
名前のせいか、花びらが「大」という漢字に似ているということばかりが強調されていますけど、私はシベが好き♪ 私ってシベ・オタ?



やはり根洗いというのは空気の循環がよいのでしょうね~~ 本当にびっくりするくらいたくさんのお花が咲きますし、他に寄せ植えにしている‘レッドロビン’と‘ギボウシ’も元気なのです。
そのかわり、朝晩の夏場の水遣りはかかせませんが・・・(;´▽`lllA`` 

ダイモンジソウの育て方

■植え付け
涼しい山の岩場などに自生していることをイメージし、水はけのよい砂土や鹿沼土を使います。

■水やり
水切れさせないように注意しますが、あまりにもジメジメしすぎた状態もよくありません。用土を工夫します。

■施肥
多肥にならないようにします。 特に梅雨の時期は肥料は施さないようにします。
生育期に薄めの液体肥料を与える程度で十分です。

■増やし方
株分けか種まきで増やすことができます。株分けは、目が動き出す前のまだ気温が上がらない早春に行えます。あまり細かく分けすぎないほうが失敗が少ないようです。
前年に咲いた花茎などや古い根を取り除いて、株分けします。

■害虫
ヨトウムシが発生するようです。私はまだ確認したことはありません。

弊ブログ内関連記事: ダイモンジソウ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ