スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汚れてますが・・白南天

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年01月23日 水曜日 [Edit] 

Nandina domestica - 白南天

Nandina domestica - 白南天
 今日の一句 「難を転ずる 白い実に 願いをかける 寒い朝」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Nandina domestica
【科名】メギ科 Berberidaceae  【属名】ナンテン属
【和名】南天(ナンテン) 【英名】Nandina
【花期】5~7月  【結実】11月~2月
【性状】耐寒性常緑広葉低木  【原産地】日本・中国・インド

先日、南天の赤い実をご紹介しておりましたが、そのお隣に植えてある白南天の実がなっていることに気がつかず、最近ようやくえっ?ってな感じで・・・

家人から「これは紅白の南天だから」とは聞いていたのですが、私がこの白い実をみるのは初めてでありました。ぜんぜん気がつかなかったなぁ~ シロナンテンだったなんて・・・失敬。もう十年近くも庭作業をしていたというのに、家人の言っていることを信用していなかった私ですが、これで立証されてしまいました。本当は二本並んで植えてあるので、今年一本抜いてしまおうかとも思っていたのです。

いったい何時実をつけてくれていたのか、なりたてならばもっとキレイな実だったでしょうに。
今はほとんどの実が落ち、または小鳥のエサとなり、数えるほどしか残っていないのでした。
Nandina domestica - 白南天

Nandina domestica - 白南天
 今日の一句 「南西に 植えた南天 紅と白 これで万全 難を転ぜよ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



よかったぁ~ 抜かなくて(爆) 白色は目立たないので気がつかなかっただけで、毎年実をつけていたのか、それとも今年から実をつけるようになったのか、皆目見当がつきません。

迷信深い家人は、南天を庭の角場に植えておくことで、災難から守ってくれたりすると思っているようで、ほかにもヒイラギなどを昔から育てています。ヒイラギが活躍するのは、節分のときだけですけど。

ナンテンの育て方

■植え付け
日陰にも耐えますが、日当たりが良いほうが花つきもよく、また真っ赤な実もたわわに実ります。ただし夏場は西日が当たらないところのほうがよいようです。植え付けの適期は春。

■水やり
地植えの場合には、不要です。鉢植えの場合には、表土が乾いたらたっぷり与えます。

■施肥
春と秋に置き肥をする程度で十分です。あまり肥料を与えすぎるとかえって実がつきにくくなります。

■増やし方
種から殖やすことができます。4-6月が適期です。

2月になったら古い葉っぱをすべて剥ぎ取り、少し剪定などをして春の新芽を待ちます。
古い葉っぱは固くて濃い緑色ですが、新芽がでてくると柔らかでとてもキレイです。

追記:2008/06/10
chiemiさんちの花綴りでは、素敵なお花のお写真を見ることができますよ~~