スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラミウムの狂い咲きw(*゚o゚*)w

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年02月09日 土曜日 [Edit] 

Lamiastrum maculatum - ラミウム‘ビーコンシルバー’

Lamiastrum maculatum - ラミウム‘ビーコンシルバー
 今日の一句 「如月に 狂い咲きする ラミウムよ 家人驚き カメラ構える」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【学名】Lamiastrum maculatum
【科名】シソ科 Lamiaceae 【属名】オドリコソウ属 または ラミウム属
【品種名】ビーコンシルバー
【別名】デッドネットル
【花期】3~5月  【草丈】15~25cm 【耐寒性】 -10℃ 
【性状】耐寒性宿根草(匍匐性)  【原産】ヨーロッパ、アジア、北アフリカ

先日、白いお花が咲くラミウムをご紹介したところでしたが、今日は狂い咲きしてしまっている子をご紹介しますね~

鉢植えで室内管理しているわけではないのです。屋外でレイズドベッドに植えてあるものなんです。もう5年以上は育てているラミウム。1鉢から殖やしていて、銀色の葉っぱがかわいいので、イロイロなところに挿し芽をしたものを植え込んであるのですが、真冬に咲いちゃいました(^v^)

もっともちょうどモッコウバラが風よけになってくれ、木漏れ日が当たるところにあり、隣人にはクレマチス‘ロマンチカ’やユーフォルビア‘ブラックパール’が植えつけてあるところなのです。

今年は隣人達にせっせと肥料をあげたりしていたので、このラミウムもその恩恵にあずかったとみえ、他に地植えにしてある‘ビーコンシルバー’と比べても元気モリモリ。日陰ですっかり霜に当たるようなところにある子達は、葉っぱも赤紫色でちりめん状に縮こまっているものがほとんどなんですけど。
Lamiastrum maculatum - ラミウム‘ビーコンシルバー

Lamiastrum maculatum - ラミウム‘ビーコンシルバー
 葉っぱも銀色で 2月だというのに イキイキとしていますy(^ヮ^)y 
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



よく見てみると、まだ蕾がでてきていて、まだ咲いてしまいそうな雰囲気。
記念撮影も終わったことですし、株も疲れてしまうでしょうから、このお花の部分は切り取ってあげることにします。

ラミウムの育て方

■植え付け
真夏にはカンカン照りになるようなところよりも、半日陰くらいのほうが生育しやすいようです。冬季間に葉っぱを楽しみたいなら、鉢植えにして軒下などですごさせます。
ちょっと湿り気があるくらいのところで成長しやすいです。植え付けは真夏と真冬を除けばいつもOKです。

■水やり
完全に乾かさないように気をつけます。ただ梅雨の間は蒸れなどに弱いので、こんもりと成長したり、ランナーが伸びていたら、切り詰めて切り詰めたものから殖やすことができます。

■施肥
あまり多くの肥料を与えると徒長してしまいます。

■増やし方
前述のように挿し芽から1ヶ月程度で発根するので、それを植えつけるか、ランナーからでた根っこのあたりでで切り取って、植えつけます。

Gardenさかもと様のサイトに、ラミウムの苗Lamium spp.の一覧があります。私が気になっているのは、‘ヘルマンズプライド’Lamium galeobdolon 'Herman's Pride'。葉っぱが個性的です。でもお花が黄色なんですよね~ 私的には白色を作り出して欲しいなぁ~と勝手なことを思ったりしてます。