スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘラボ・ヴィリディス

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年03月03日 月曜日 [Edit] 

Helleborus viridis - ヘラボラス・ヴィリディス

Helleborus viridis - ヘラボラス・ヴィリディス
 緑色した丸弁のかわいいお花が見られるのは来年かなぁ~
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus viridis
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【和名】ヘラボラス・ヴィリディス または ヘラボラス・ヴィリダス 
【英名】Green Hellebore 【別名】冬姫牡丹(冬姫牡丹)
【系統】原種系 無茎種 【咲き方】 丸弁 一重咲き  【花色】緑色  【草丈】30センチ
【原産地】北イタリア オーストリア 【性状】耐寒性宿根草
【備考】#054

毎日、似たような葉っぱの写真ばかりですみません^_^; でもこれが今年入手したヘラボの最終章です。

今日はグリーン花の代表として有名なヴィリディスです。全般的に黒色や緑色した花が好きな私の心をぐっと捉えたこの子です。私は一番初めに育てたのは、ガーデン・ヒヴリィドスとよばれる交配種で以前はオリエンタリスと総称されていたヘラボでありましたが、最近はその子たちの親や親戚などの原種モノにとても興味が沸いてきています。

花弁(萼弁)や葉っぱの姿は同じヘラボであっても、それぞれとても個性的です。
育てるのが難しいものも多々あるようですが、失敗を繰り返しつつも奮闘中です。

さて、ヴィリディスは森林地帯に自生し、植物分類学上中間種とも呼ばれているそうですが、ヴィリディスは「ヴィリディス・ヴィリディス(Helleborus viridis)」と「ヴィリディス・オキシデンタリス(Helleborus occidentalis)」の2亜種に分類されていました。
ところがオキシデンタリスがヴィリディスの亜種から、独立し種となったので、ヴィリディスとオキシデンタリスはベツモノになり、現在亜種はないそうです。というわけで、オキシデンタリスと酷似しているのですが、ヴィリディスのほうが北イタリアアルプスや、やや南西に自生しているそうです。

この子は原種系のなかでも割り合い育てやすい部類のようであります。
Helleborus viridis - ヘラボラス・ヴィリディス

Helleborus viridis - ヘラボラス・ヴィリディス
 2008年1月に入手したときは、もっと小さくてちゃんと根づいてくれるか心配でした
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



【ヘラボレス・ヴィリディスの育て方

この子は常緑ではなく、日本の気候においては夏の間は葉っぱが落葉するようですね。私が買った苗も購入時にはし~~んとしており、ポチッとちょっとだけ葉っぱが見えているような状態でした。

早速昨日、一昨日のトルカータス、ムルティフィダス同様植え替えをしました。

■植え付け
夏の間は落葉し休眠するタイプです。
落葉樹で木陰になるようなところに庭植えにするか、鉢植えで管理します。
鉢植えの場合、用土は鹿沼4:赤玉(小粒)4:腐葉土2に緩効性肥料をと思いましたが、なんだかまだ小さいし、元肥なしで植えつけてみました。
昨日は少しネメデールを施してあげてます。

■水やり
夏の間の水遣りは控えます。夏場の水遣りは夕方4時以降。
成長期には乾燥しずぎ・凍結させないように注意しつつ水遣りします。

■施肥
夏の休眠期には施さず、成長期に与えます。

■増やし方
株分けまたは実生で殖やせます。

本日で今年入手したヘラボのご紹介はおしまいです。
目下のところ、私が次に欲しいなぁ~と思っているのは「リグリクス」。香りのするクリスマスローズです。お花は緑色で小ぶりな咲き方素敵です!
もう一つ、シクロフィルスという品種があり、これはまだ入手困難のようですね。
それに緑色で香りがするものには、オルドスもありますよねぇ~。これも欲しいなぁ~
リグリクスはオドルスよりも甘い香りがするそうですが、シクロフィルスはどんな感じなのかしらん。

【PR】花こてつさんに蕾付き開花確定株クリスマスローズ原種『オドルス』がありました!

秋に購入すべきヘラボたちを3月になってから探そうとしても、売り切れ続出であまり売られていないのです。秋には忘れずにゲットしなくては^^