スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テキセンシス‘アルバニー'の萌えぇ~

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月03日 木曜日 [Edit] 

Clematis texensis 'Duches of Albany'  - クレマチス・テキセンシス系‘アルバニー’

Clematis texensis 'Duches of Albany' - クレマチス・テキセンシス系‘アルバニー’
 無事に越冬し、発芽を確認したばかりのアルバニー。蔓になって天高く成長してくれるかなぁ~
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

  

【学名】Clematis texensis 'Duches of Albany'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Clematis, Scarlet Clematis
【系統】テキセンシス系 【咲き方】一季咲き(夏から秋) チューリップ咲き 
【花径】5~6センチ 【高さ】200~300センチ【耐寒性】強い
【花色】2色の濃いピンク色【剪定】強剪定 新枝咲き 
【流通名】ダッチェス・オブ・アルバニー または ダッチス・オブ・アルバニー
【作出者】Hybridized by Jackmans of Woking, England 1890
【用途】鉢植え 地植え 切花
【備考】#C027

テキセンシス系のクレマチスです!
これからはおそらくクリローと肩を並べる感じで、クレマチスの記事が横行するのではないかと^_^;

まだまだこの時期は、発芽を確認するのみでありまして、開花の便りは桜の花が散ってから、さらに暑い日が増えてくるころになりますまで、じっと我慢であります。

今年地面から出てくれているのは、現在のところ二芽。

昨年は一芽から蔓が延びていたはずですので、倍に大きくなってくれたということになりますよねっ。
わぁいヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ わぁい♪


クレマチス テキセンシス ‘アルバニー’

私がいつもお世話になっている
おぎはら植物園さんでは2年苗で出荷されていらっしゃいます!



我家では昨年は一輪もお花はさかず、その上さび病までがでてしまいました。
_| ̄|○

二年生苗だったので、気を許しいきなり地植えにしてしまったことと、日陰で風通しも良いとは言えないところに植えてしまったので、昨年は生育度も悪くて・・・
枯れなかっただけよしとしなくてはならないのですが、今年はどうやら落ち着いてくれた様子の発芽具合であるような感触! きっとお花をみることができるハズです。
Clematis texensis 'Duches of Albany'  - クレマチス・テキセンシス系‘アルバニー’

Clematis texensis 'Duches of Albany' - クレマチス・テキセンシス系‘アルバニー’
 3月の二週目くらいに写したものだと思います!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



3月にまたも待ちきれず、腐葉土をかきわけて、発芽状態をチェックしたときの芽。

おぉ~ 萌えぇ~ ^m^ といつものごとく小躍り(爆)

腐葉土に隠れていたので、白色というか桃色の状態。生まれたての赤ちゃんです! 光合成ができないので、このときは緑色になってくれてませんでしたが、今は銅色のような緑色のような感じ。


テキセンシスの育て方

■植え付け
9~10月の秋か休眠期の2~3月が適期です。でも盛夏を除く春~初夏でも大丈夫らしく、クレマチスは期間の幅が広いです。
株元が日陰でも伸びてきた枝が一日4~5時間は日に当たるところを選びます。
弱酸性の用土を好むので、赤玉土:4 ピートモス:4 バーミキュライト:2の配合がよいようです。

■水やり
鉢植えの場合、土の表面が乾いたらたっぷり与えます。冬場の水遣りは控えめにし、水量を多くしてしまうと根腐れしてしまったり、凍って根をいためてしまいます。

■施肥
初春から秋まで月に1回程度、定期的に液体肥料を与えます。水遣りとのあわせ技が効果的です。
クレマチスの場合、「定期的」というのがポイントです。
リン酸、カリが多い肥料が良いようです。

■増やし方
種まきと挿し木の二つの方法があります。

■剪定
冬の間は地上部がほとんど枯れますが、芽が動き出す前に強剪定します。しっかりした芽のある茎を残すようにしながら、全体の高さの4分の1を残すようにして剪定します。
土中に残った枝から新枝を10節以上伸ばしてから、開花するのですが、花後は花がら摘みをします。新枝咲きの遅咲き系の特徴ですね。一本の茎ですべてのお花が咲き終わったら、今度は茎自体を地際から二節残して剪定します。早めに剪定をするくらいのほうがよいようです。

さて、今年の初開花! ワクワク・ドキドキの私。
濃いピンク色したかわいい子は初夏に見ることができるはずです。おっと、そういえばダイアナちゃんはどうしているかしらん? あちらはお日様がたっぷり当たるところですので、もっと元気がよいはず!

ところでワタクシ、最近気になっているクレマがあるんです。欲しくて欲しくてたまらないっ。
それはモンタナ‘スターライト’です。純白の八重咲きで、咲き方はちょっと小ぶり感じがあります。



おぎはら植物園さんで鉢植えで売られているのですけれど、クリックしたい・・ でも最近お財布の蓋あけたばかり・・・ ジレンマです。

← 画像をクリックすると商品ページへジャンプします^0^




とあるところで、このモンタナちゃんと青い色のアルピナ(だと思う)とを寄せ植えにしてある、大鉢を見てしまったんですよ~ もうそれを見てからというもの、私の心臓は高鳴るばかりです。