スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒色のダイアンサス ’ソーティー’

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月27日 日曜日 [Edit] 

Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty' - ダイアンサス‘ソーティー’

Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty' - ダイアンサス‘ソーティー’
 撫子には色々ありまして、外来種については、ダイアンサスと呼ばれるようですね。

     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty'
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属 または ナデシコ属
【和名】撫子(ナデシコ)【英名】Sweet William 【別名】石竹セキチク
【原産地】ヨーロッパ【性状】耐寒性二年草 【香り】あり

深いマロン・チョコレート色という言い方をされている方がいましたが、真っ黒というよりは少しチョコレート色をしているようです。そしてこのお花、いわゆるエーダブルフラワーで食べることができるそうです!

3月に入手した苗ですが、順調に生育中です!でも油断はキンモツ。昨年、とってもかわいい~~と地植えにしてあった伊勢撫子は我家を好いてはくれませんでした。
今年また出会いがあれば、この伊勢撫子も入手したいなぁ~ リベンジです!

この子は先般ご紹介したブラック・アンド・ホワイトと似た感じではあるのですが、こちらはお花の咲き方がちょっとマツムシソウに似ているような感じがしました。まだ実物を見てなくてラベルの写真で見ただけですが。


宿根草 ナデシコ ’ソーティー’
背丈はブラック&ホワイトに比べ、こちらのほうが高くなるようです。
昨年何かの付録で貰ったナデシコの種をバラバラ播いておいたところ、今年は地植えで結構発芽・越冬したので、多くのナデシコが咲きそろいそうな春です!


庭植えにするときに、ポロリと落ちた芽があったので、クリローのハンギングの中に、その小さな芽とブラックアンドホワイトの両方を植え付けてあります。クリローの花が終わったら、この子達が順次咲いてくれるようにと思ったのですが、うまく行くかなぁ~
Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty' - ダイアンサス‘ソーティー’

Dianthus barbatus nigrescens 'Sooty' - ダイアンサス‘ソーティー’
 一本だけちょっと大振りの茎があり、恐らく切り戻しで増えたと思われる脇芽が育ちつつあります。
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



一本だけ長くて太いので、この子がいの一番にさくと思うのです。なんとなく成熟した葉っぱには暗紫色のスジが入っている感じで、お花の色が濃いことを思わせるような葉っぱの姿です。


ナデシコの育て方

■植え付け・植え替え
桜の花が咲き終わったくらいを目安に行います。用土は赤玉土小粒6:腐葉土2:川砂2ぐらいの水はけのよいものを用います。適期は5月~6月に行います。

■水やり
庭植えの場合、ほとんど不要です。

■施肥
春から秋の生育期間に暖効性の化成肥料または液体肥料などを与えます。

■増やし方
挿し芽は、秋に10センチほどに伸びた新芽を斜めにカッターで切り取って、清潔な用土に挿しておくと約二週間ほどで発根します。私は春でも大丈夫だと思うのですが・・・
と申しますのも、先日植え替えのときにはがれ落ちた茎を挿しておいたところ、どうやら育ってくれているようです(o^o^o)

■切り戻し
花後、夏場の蒸れから守るため、また秋にもう一度咲いてもらうために、株元から10センチほどのところで切り戻しをします。

さぁ~~て、この子の植え付け場所はちょっとジメっとしているのですが、無事育ってくれるかシラン。
早めに挿し芽をとって保険をかけておかないと危ないかなぁ~(;´▽`lllA``