スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライムグリーンのフランシスカ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月04日 日曜日 [Edit] 

Primula Sinensis  'Green Lace' - 桜草 プリムラ・フランシスカ ‘グリーンレース’

Primula Sinensis 'Green Lace' - 桜草 プリムラ・フランシスカ ‘グリーンレース’
 今日の一句 「葉っぱかと 思えば 綺麗な花でした フランシスカは 桜草」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Primula Sinensis 'Green Lace' または 'Francisca' (Primula x polyanthus)
【科名】サクラソウ科 Primulaceae 【属名】プリムラ属
【品種名】フランシスカ または グリーンレース 【和名】桜草(サクラソウ) 
【英名】 Green Lace (プリムラシネンシス) 【品種名】フランシスカ
【原産地】ヒマラヤ 中国西南部 【性状】耐寒性宿根草
【草丈】30cm~50cm 【花期】春 (3~6月) 【花色】ライムグリーン
【用途】鉢植え向き

調べるほどに良くわからなかった・・・ おぎはら植物園ちのHPには、Primula ‘Fancisca'とされていましたが、他に‘Green Lace'となっているものもあり、小種名にシネンシスとあったり、プリムラとポリアンサとの交配種とされていたり・・・

この子は、アメリカで発見された新種のプリムラでライムグリーンの花が他のプリムラと比べても、長い間たのしめるのだそうです。花びらの縁にフリルがヒラヒラ、真ん中の目の部分は黄色のスポットがかわいいお花です。

皆様もご存知の通り、私は黒い色の花と緑色のお花に目が無いので、この子を見つけたとたんに、早速クリックの準備態勢!

4月に入手しました~~ 手元に届いたときにはすでにお花が咲いている状態でした!
早速庭に植えましたが・・・

ちゃんと調べてからにしなさい!って感じ。この子、耐寒性はあるのです、そうそれもわかっていて購入したのですが、霜に弱いって(^^ゞ 我家において霜が降りない冬などは存在しないので、庭植えにはできないじゃん! 秋になったら鉢植えに戻さないと・・・ オバカ。


宿根草 プリムラ  ’フランシスカ’
   私の好きな緑色のお花がさく、さくら草です!これはすでに植え付け完了!山野草扱いですねっ。
価格 1000円也とちと、お高めでありましたので枯らさないようにしなければっ。 


ラベルにあったお写真とくらべライム色が濃くでていて、私としてはちょっと薄めの色合いを期待していたのですが、これは恐らく肥料がビンビンに効いているせいではなかろうかと。
ビニールポットから抜くと、鹿沼土だけで植えつけられており、根っこもかなり回っておりました。
そうした植え付け方を見ましても、この子は山野草のごとき管理をしてあげればよいようです。

現在一本の花茎が伸び上がりそこにたくさんのお花が順次咲いている最中ですが、そのほかにも待機している花茎もあるので、これは前評判どおり、長く楽しめるプリムラちゃんです。

Primula Sinensis  'Green Lace' - 桜草 プリムラ・フランシスカ ‘グリーンレース’

Primula Sinensis 'Green Lace' - 桜草 プリムラ・フランシスカ ‘グリーンレース’
 こちらがついていたラベル。ネットで検索すると大体1000円から1300円くらで販売されているようです。
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



夏越しがポイントとなるようです。鉢植えで管理し、夏場は木陰などにおいて風通しの良い場所で管理します、また耐寒性には優れていますが、霜が当たらないようにします。。

フランシスカの育て方

■植え付け
適期は春と秋。夏以外は日当たりの良い場所で管理、冬場は直接霜が当たらないようにします。
水もちのよい用土、赤玉土5:ピートモス3:バーミキュライト2などが良いようです。

■水やり
土の上面が乾いたら与えます。多湿になりすぎないようにします。根腐れの原因になります。
特に夏場の水遣りには注意し、控えめで管理します。

■施肥
植えつけるときに緩効性の肥料をすきこみます。
お花が次々と咲くので、10日に1回のペースで液体肥料を施します。

■増やし方
株分けで殖やすことができます。適期は秋。寒さが来る前にしっかりと根っこを活着させるように早めに分けて植えつけます。

さて、この子をどんどん殖やしたい!と思うのですが、今年は1年目ですからとにかく夏越しをきっちりと!が目標であります^0^