スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行者大蒜が食べごろ~^^

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月17日 木曜日 [Edit] 

Allium victorialis var. platyphyllum - 行者大蒜(ギョウジャニンニク)

Allium victorialis var. platyphyllum - 行者大蒜(ギョウジャニンニク)
 今日の一句 「葉っぱには 大蒜の香り いっぱいに 春を喜ぶ アイヌの宝」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】 Allium victorialis var. platyphyllum またはAllium victorialis L.subsp. platyphyllum Hultén
【科名】 ユリ科 Liliaceae 【属名】アリウム属ネギ属
【和名】行者葫 行者大蒜(ギョウジャニンニク)
【別名】キトビロ  / アイヌネギ(北海道のアイヌ民族のアイヌ) / ヤマニンニク / ヒトビル / ヤマビル
【古名】アララギ
【性状】耐寒性多年草  【耐寒】強い

私はほとんどお野菜は未体験ゾーン! その中にあって、植えっぱなしで手参らず。
私にも簡単に育てることができるのが、このギョウジャニンニクです。
今年はそろそろお花が咲くのではないかしらん。とワクワク中(^.^)です。
お花が咲くまでには7~8年ほどかかりますが、そろそろそのくらいになると思うんですよね~

ギョウジャニンニクには、大蒜と同様にアリシンを含んでおり、抗菌作用やビタミンB1活性を持続させる効果があります。血液をサラサラにして血圧の安定、動脈硬化の予防・脳梗塞の予防・血小板凝固障害の予防やインフルエンザなどの炎症防止にも効果的であるといわれています。
たくさん収穫したら冷凍保存することができるので、風邪の季節に召し上がると風邪を引きにくくなるのではないでしょうか。
また視力の衰えをも制御してくれるのだそうです!私はたくさん食べたほうが良いみたい(爆)


ギョウジャニンニクの苗千草園芸さんでゲットできますよ~





昨年は秋に肥料をあげるのを忘れてしまったのですが、それでも元気にたくさんの芽が出てくれています。
Allium victorialis var. platyphyllum - 行者大蒜(ギョウジャニンニク)

Allium victorialis var. platyphyllum - 行者大蒜(ギョウジャニンニク)
 こちらは4月上旬に撮影したものです。3月くらいにまだ皆が芽を出す前から早々と顔をだしていました。
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



上の写真はまだ袴も初々しいころのもの。
芽が見えてきたときには、先端がまるっこいのですが、日が経つとともに先端が尖ってきます。
もうそろそろ食べてもよさそう~~


ギョウジャニンニクの育て方

■植え付け
黒土と腐葉土を等量に配合した水はけの良い土壌を好み、極度に酸性・弱酸性の土壌を嫌います。ph6以上が適しているそうです。カンカン照りでは葉やけを起こすため、半日陰くらいで管理します。
朝陽が当たるところで日中から日陰になるところなら、尚結構!
植え付けの適期は、春先から12月頃まで。

■水やり
地植えの場合、ほとんど不要です。

■施肥
夏になると葉っぱがすっかり枯れます。
球根植物ですので、株元に完熟堆肥・発酵油粕を与え株を太らせます。

■増やし方
株分けが簡単! 1株でもちゃんと増えるます。
また7~8年すると成熟し、白いお花が咲いて種がとれるようになります。


弊ブログ内関連記事: 行者大蒜