スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリックスミシーの子房

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年04月25日 金曜日 [Edit] 

Helleborus x ericsmithii - ヘラボレス・エリックスミシー

Helleborus x ericsmithii - ヘラボレス・エリックスミシー
 子房が膨らみ、ガク弁の色もすっかり灰緑色に!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Helleborus x ericsmithiiH. niger x H. sternii
【科名】キンポウゲ科 Ranunculales 【属名】ヘラボレス属
【流通名】エリックスミシー 【英名】Ericsmihii
【別名】レンテンローズ (Lenten Rose )【系統】有茎種 
【作出地】イギリス
【性状】耐寒性宿根草  【開花期】2月~4月 【草丈】35センチ
【交配】ステルニー × ノイガー (sternii x niger
【作出者】Eric Smith

一番に咲き始めていたエリックスミシーですが、すっかり白色から小豆色、そして今は銀色というか灰色を帯びたような渋い緑色に変化しております。

実はおぎはら植物園さんから入手したもので、二年目の株で、鉢植えで管理していましたが、こんな状態になっているものを地植えに無理やり移行させちゃいました。

その上で種まで採ってしまおうとしている私って・・・(;´▽`lllA``

大丈夫かなぁ~ 結局三輪のうち、二つについていた子房はむしりとり、はじめに開花した種だけを完熟させてみることにしました。たしかニゲルの花粉をくっつけておいたはずなので!
Helleborus x ericsmithii - ヘラボレス・エリックスミシー

Helleborus x ericsmithii - ヘラボレス・エリックスミシー
 後姿もかわいいでしょ!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



後ろから見るとさらにさらに小豆色に灰色を帯びはじめてきており、終焉が近いことを物語っております。

Helleborus x ericsmithii - ヘラボレス・エリックスミシー

Helleborus x ericsmithii - ヘラボレス・エリックスミシー
 4月中旬に撮影。
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



こちらは約2週間前の様子。まだ蜜腺もチラホラと残っている状態。ガク弁には桃色っぽい感じがまだ残っています。これが日にちが経ってくると緑色のほうがより濃い感じになります。

Helleborus x ericsmithii - ヘラボレス・エリックスミシー

Helleborus x ericsmithii - ヘラボレス・エリックスミシー
 4月中旬に撮影。
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



この渋い姿とお別れするのはとても残念なんですけれど、この子のつけた種からどんなお花が咲くのかしら~。楽しみです!って気が早いですよね。無事に種を採り、播いて、発芽して花が咲くまでには3年はかかるんですからぁ~

エリックスミシーの育て方

■植え付け
ビニールポットに植えてあるものは、入手してすぐに二回り大きな鉢に植え替えます。このとき、鉢底にゴロ土を入れるように書かれているものもありますが、小さな苗のうちはゴロ土がなくてもダイジョウブです。
水はけ、水もちともによい用土を選びます。赤玉に腐葉土とピートモス、バーミキュライトを加えたものが良いと思います。
植付け時に緩効性の肥料を与えておくことをお忘れなく!

■水やり
表面の土が乾いたらたっぷりと与えます。どちらかというと乾かしぎみに管理するようにしますが、タイミングは暖かい日の午前中が良く、夕方や夜の水遣りは厳禁です。
水のやりすぎに注意します。休眠期の夏場は控えめにします。

■施肥
生育期の秋から春に施します。夏場の施肥は返って株を弱らせることになります。

■増やし方
大株になったら株分けで殖やすことができます。適期は10月ですが、私のように寒冷地に住んでいるならば、開花後すぐでも大丈夫のようです。

いよいよ終盤となってきて、これからはクリスマスローズからクレマチス、薔薇の季節へと変遷してゆきます。

弊ブログ内関連記事: エリックスミシー