スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックパールの花!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月01日 木曜日 [Edit] 

Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’

Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’
 今日の一句 「ぐんぐんと 立ち上がりつつ 開きだす 灯台草の 無数の花よ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Euphorbia characius 'Black Pearl'
【科名】トウダイグサ科 Euphorbiaceae 【属名】ユーフォルビア属
【和名】灯台草トウダイグサ) 【英名】Euphorbia(ユーフォルビア) 【別名】
【品種名】’ブラックパール’
【花期】春  【草丈】60cm
【原産地】ヨーロッパ   【性状】耐寒性宿根草

立派に咲き始めてくれたのは、ユーフォルビア・ブラックパール!
昨年のびた花茎にたくさんの花が咲き始めてくれてます。名前にあるようなまさに「黒真珠」。

でも挿し芽を取った茎からはお花はまだ咲いてくれず。どうやらこの子は早いうちに花芽を分化させるようですね。んんん、あるいはこれからお花をさかせるのかしらん。
ユーフォルビア初心者の私には、まだよくわからない部分です。

挿し芽にしたものは、冬の間にほとんどが枯れこんでしまってひとつだけ息も絶え絶えで残っているのですが、この子はやっぱり種から殖やすのが一番のようです。
パープレアのほうは、すべてが無事に越冬できそれぞれにお花が咲き始めています。

昨年こぼれた種から発芽した子は、まだ小さいながらも越冬し、茎もナノの世界ほどに細いのですが、ちゃんと生きております。

今年はたくさん種をとってばら撒いてみようと思ってます!

さて、早春からこの子を観察していたので、折々の写真でご紹介してまいりますね~
Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’

Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’
 雨の日のカラシアス。雫がたくさんついていて、こんな表情もかわいいのです(〃∇〃) 
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



雨には弱いのかなぁ~と思いましたら、ぜんぜんモンダイなし!
お花が痛むこともなく、雫をたたえながら咲く姿もまたかわいらしいのです。

Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’

Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’
 4月中旬に撮影。思ったより早く蕾がでてきて驚きました~ 
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



昨年入手したものだったのですが、晩春だったので少しお花が咲いたところは見ることができたのですけれど、寒い時期からの観察ができなかったので、改めてその生態にキョウミシンシンな私です。

開きはじめようとする頃には、割れたガクのスキマから見える赤色の花?
えっ、黒かったはず!と焦りましたが、開くとちゃんと黒い色に変わります。

Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’

Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’
 よ~~く見ると真ん中の花が咲いているような・・・
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



4月中旬の様子。ちょうどテッペンの部分からお花が咲き始めたようです。

Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’

Euphorbia characius 'Black Pearl' - ユーフォルビア・カラシアス ‘ブラックパール’
 上の写真から1週間前に写したもの。成長はかなりの急ピッチ!;
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



今のところ虫の出現もありませんし、思いっきりこの花を堪能中です。
お隣にラミウムとクレマチス‘ロマンチカ'があり、それらとの競演も楽しんでおります。


ユーフォルビア・カラシアスの育て方

■植え付け
植えつけるときには、水はけのよい培養土を利用します。
日照は半日陰から日当たりのよいところで育ちますが、日当たりのよいところのほうが生育度があがります。

■水やり
用土が乾いたら水やりしますが、加湿にならないように注意します。
地植えの場合には、必要ないでしょう。

■施肥
施肥については、肥料は窒素(n)、隣酸塩(p)およびカリ(k)は必要ですが、中でも窒素の割合が少ないほうがよいようです。生育期には定期的に液肥などを与えます。

■増やし方
増やし方は、種まきが一番簡単だそうです。適期は春。
挿し芽したものも、今のところ二株生き残っております。パープレアのほうがつきは良かったですね。