スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼岸花に蕾が!!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2005年09月14日 水曜日 [Edit] 

ヒガンバナのつぼみ


【学名】Lycoris radiata
【科名】ヒガンバナ科 Amaryllidaceae J. St-Hil. ( ~Liliaceae)  【属名】リコリス属
【和名】彼岸花 (ヒガンバナ)【英名】 Cluster Amaryllis または Red Spider Lily
【別名】曼珠沙華(マンジュシャゲ) 「天上の花」の意

花が咲いているときには葉っぱがなく、花が終わると葉っぱがでてくる不思議なお花です。 突然ひょろっと鉛筆のように伸びてきたかと思えば、赤い花弁が開きだし、花火のように開花します。 球根植物で、数年に一度植え替える程度でも大丈夫なので、手間いらずのお花です。 その名がしめすように、お彼岸になるとちゃんと忘れずに咲いてくれるのです~ 本当に不思議で、絶対にお彼岸の頃に咲いています。

【PR】ヒガンバナを育ててみる?
お花は1週間くらいでしぼんでしまいますが、群生している姿はステキです。 実は日本では、仏様を連想するのか、あまり人気がないようですが、海外では結構人気があるのだそうです。 日本でもヒガンバナ科の植物として、リコリスという名前で球根が売られている、ピンク色や黄色のお花もありますね。

2005/09/15 追記です~~

自然を尋ねる人さんの記事によれば、別名「キツネバナ」や「ユウレイバナ」とも呼ばれているのだそうです。
海外では、蜘蛛にたとえられるし、色々と見方は変わりますね~


2005/09/20 追記

お花が咲いたところは「ヒガンバナってセクシー」の記事をご一読いただけたら、うれしいです。