スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メニエル病ってなに?

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2005年09月13日 火曜日 [Edit] 

キャンディ・ストライプ


こちらのサイトへいつも来ていただいている方々には、とても心配していただいて、あたたかいお見舞いの言葉をいただき、とっても心強かったです。

実は凹んでいたのです。

先日お話しましたが、この1ヶ月ほどいつも耳鳴りがしているような感じで、ヘッドセットを使っているせいかなぁ~とタカをくくっていたのですが、ある日クラクラっとめまいがして、すこし吐き気などももよおしたわけです。

それで耳鳴りならば、やはり耳鼻咽喉科へ行ってみるに限るか。と、受診してみることに。

なにやらヘッドセットをつけさせられて、「ピッピッピッという音が聞こえたら、ボタンを押してください。」と申し渡され、まな板の鯉よろしくもくもくと検査を受けました。

この検査では、低い音がちょっと聞き取りにくくなっているようなので、突発性難聴かもしれませんねぇ~と言われ、ギョッ。(@_@;)

次に両手を上げて、タイタニックの船の先に乗っているようなスタイルをさせられ、まっすぐに立つことができるかなどをチェック。ちょっとふらふら~~としてしまった。

わたしがヨレヨレとしていたところを見て、「これはメニエル病のようです」とのご診断。再度別の検査をして視神経などが大丈夫かどうかのテストをすることとなり、今日行ってきたわけです。

メトロノームのようなものの振り子を右。左。と目で追ったり、走馬灯のような光を目で追ったり、あとはフラフラ度を測る検査などをしましたが、検査では神経には異常は見られなかったとのこと。結局は内耳に炎症もあったようでした。

が、ホッといたしました。

メニエル病は、ストレス、睡眠不足などが原因で起こるものらしいのですが、半年くらいお薬を飲みながら様子を見ることになりました。またPCのしすぎも多少なりとも要因があるとも言われているようです。(;´▽`lllA``

治療方法ですが、通院でクビのところに電気を通すような治療もしています。これはクビの血管に刺激を与えることにより、血液をドックンドックンと流してくれるようになるそうです。

わたしの場合は少し吐き気があったので、先週と今週の2回注射を打ちました。
お薬は4種類いただいており、ビタミンB12 や 吐き気止めの薬、血液をサラっと流してくれるお手伝いをしてくれるようなものを服用しています。

お食事の面では、大豆などの良性なたんぱく質を摂取したり、バランスのよい食事もかかせないとのこと。

メニエル病から回復された方がいらっしゃいましたら、「これは効く」というお話を聞かせていただけるとうれしいです。m(__)m





2005/09/15 追記です!

お医者様からいただいたお薬を記載しておきます。
わたし用の備忘録です。ヾ(;´▽`A``アセアセ

メチコバール錠500mg・・・末梢神経障害を改善 ビタミンB12
ATP錠「ミタ」・・・内耳の血液循環を改善 胃腸の運動も活発に
カルナクリン錠25・・・めまいを改善 内耳の血液循環を改善 末梢血管を広げる
セファドール錠・・・めまいを抑制

この4種類のお薬を毎食後 一日3回服用中です。

確かにめまいは軽減されています。でもお薬を飲んでいるので当たり前かあ~
内耳にはまだ痛みが残っているみたい(>_<)