スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンク色したノラバロー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月11日 日曜日 [Edit] 

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’
 今日の一句 「桃色の 幾重にも 舞う 花びらに 乙女のごとき 頬を思ふ」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】オダマキ属
【品種名】ノラ・バロウ またはノラバロー
【和名】西洋苧環セイヨウオダマキ)【英名】Columbine
【別名】アキレイギア またはアクイレギア

いよいよオダマキたちの開花ラッシュの時期がやってまいりました~~ (*^_^*)
今週はオダマキ・ウィークになりそうな予感♪

播種から2年越しで遂に開花し始めたのは、ノラ・バローシリーズ!
本日は薄桃色ちゃんからご紹介です^0^ クレマチスと同様、すぅの小踊りダンスは続いております(笑)
なんといっても苧環たちは種から育てているので、開花の喜びはヒトシオであります。
何しろ開花まで二年かかるわけですからぁ~ かなりじらされたわけです。


宿根草八重オダマキ ‘ノラバロー’

おぎはら植物園さんちでは売り切れの文字が!
やはり人気が高い↑のですねぇ~




でもおぎはらさんちの写真と比べると花びらの数が少ないような気がするんですけどぉ~
ミミミ。 これってベツモノ?
同じノラバローでも花弁の数が違うのか!? またもギモンがっ。
でもこの子は間違いなくノラバローのはずなんですけど。
この子たちのお花は小さくて直径2~3cmでしょうか。一口にオダマキと申しましても、日本に古くから自生している苧環から西洋オダマキの大型種、咲き方もポンポン咲きやボンネット型など様々です。

でも以外とまだ良くわからない部分が多いので、今日はちょっと頭の中を整理してみようかと。
まずはPORTPLEXでAquilegiaと入力してみると以下のような一覧がでてきてその多さにびっくり! ちょっと後悔してます^_^;

Aquilegia 'Blackie'
Aquilegia 'Dorothy Rose'
Aquilegia 'Double White'
Aquilegia 'Old English Pink'
Aquilegia barnebyi oil shale Oil Shale Columbine
Aquilegia brevistyla smallflower Smallflower Columbine
Aquilegia buergeriana ヤマオダマキ
Aquilegia caeruleaアクイレギア・カエルレラ) (Colorado Blue Columbine 米国コロラド州の州花)
Aquilegia caerulea 'Candidissima'
Aquilegia caerulea 'Citrina'
Aquilegia caerulea 'Crimson Star'
Aquilegia caerulea 'Cuprea'
Aquilegia caerulea 'Dwarf Fantasy'
Aquilegia caerulea 'Heavenly Blue'
Aquilegia caerulea 'Koralle'
Aquilegia caerulea 'Maxistar'
Aquilegia caerulea 'Olympia'
Aquilegia caerulea 'Rotstern'
Aquilegia canadensis honeysuckle red; (アクレイギア・カナデンシス) カナダオダマキ
Aquilegia canadensis honeysuckle wild; ( Canadian Columbine または Red Columbine
Aquilegia chrysantha goldenアクイレギア・クリサンタ) キバナオダマキ (Golden Columbine
Aquilegia chrysantha var. chaplinei Chaplin's golden
Aquilegia chrysantha var. chrysantha golden
Aquilegia chrysantha var. hinckleyana Hinckley's golden
Aquilegia chrysantha var. rydbergii Rydberg's golden
Aquilegia coerulea Colorado blue
Aquilegia coerulea var. alpina Colorado alpine
Aquilegia coerulea var. coerulea Colorado blue
Aquilegia coerulea var. daileyae Dailey's
Aquilegia coerulea var. ochroleuca white Colorado
Aquilegia coerulea var. pinetorum Colorado blue
Aquilegia desertorum desertDesert Columbine
Aquilegia elegantula western red
Aquilegia eximia Van Houtte's
Aquilegia flabellata Japanese fanアクレイギア・フラベラータ) ミヤマオダマキ
Aquilegia flavescens yellow
Aquilegia flavescens var. flavescens yellow
Aquilegia flavescens var. miniata yellow
Aquilegia flavescens var. rubicunda yellow
Aquilegia formosa westernアクイレギア・フォルモーサ) ニシキオダマキ
Aquilegia formosa var. formosa crimson
Aquilegia formosa var. wawawensis Wawaw
Aquilegia grahmii Aquilegia grahmii
Aquilegia jonesii Jones'
Aquilegia jonesii var. elatior blue limestone
Aquilegia jonesii var. jonesii Jones'
Aquilegia karelini Aquilegia karelini
Aquilegia laramiensis Laramie
Aquilegia longissima longspur アクイレギア・ロンギシマ) ツメナガオダマキ
Aquilegia micrantha Mancos
Aquilegia micrantha var. mancosana Mancos
Aquilegia micrantha var. micrantha Mancos
Aquilegia pubescens Sierran
Aquilegia saximontana Rocky Mountain blue
Aquilegia scopulorum Utah
Aquilegia scopulorum var. calcarea Utah
Aquilegia scopulorum var. scopulorum Utah
Aquilegia triternata Chiricahua Mountain
Aquilegia viridiflora green-flowered
Aquilegia vulgaris European; granny's bonnetsアクイレギア・ヴルガリス) セイヨウオダマキ
Aquilegia vulgaris 'Adelaide Addison'
Aquilegia vulgaris 'Clematiflora'
Aquilegia vulgaris 'Double Red'
Aquilegia vulgaris 'Gisela Powell'
Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow'
Aquilegia vulgaris 'Plena Ruby Port'
Aquilegia vulgaris 'Tom Fairhurst'

RHSのリストを見に行ってみると・・・ 上記よりも少し数は減りますが、やはり以下のごとく主だったものに分類・掲載されておりますた^^;

Aquilegia alpinaアクイレギア・アルピナ
Aquilegia atrata Dark Columbine
Aquilegia Biedermeier Group
Aquilegia 'Blue Star' (Star Series)
Aquilegia buergeriana
Aquilegia canadensis
Aquilegia chrysanthaアクイレギア・クリタンサ
Aquilegia flabellata
Aquilegia flabellata f. alba 'White Angel'
Aquilegia flabellata 'Blue Angel'
Aquilegia flabellata Jewel Series
Aquilegia flabellata 'Ministar'
Aquilegia flabellata var. pumila
Aquilegia flavescens
Aquilegia formosa
Aquilegia olympica
Aquilegia 'Red Star' (Star Series)
Aquilegia saximontana
Aquilegia 'Schneekönigin'
Aquilegia sibirica
Aquilegia skinneri 'Tequila Sunrise'
Aquilegia viridifloraアクイレギア・ヴィリディフローラ
Aquilegia vulgarisアクイレギア・ウルガリス
Aquilegia vulgaris var. flore-pleno (d)
Aquilegia vulgaris var. flore-pleno 'Double Pleat' blue/white-flowered (d)
Aquilegia vulgaris var. flore-pleno 'Double Pleat' pink/white-flowered (d)
Aquilegia vulgaris 'Mellow Yellow'
Aquilegia vulgaris var. stellata
Aquilegia vulgaris var. stellata 'Blue Barlow' (Barlow Series) (d)
Aquilegia vulgaris var. stellata 'Sunlight White' (d)
Aquilegia vulgaris 'William Guiness'
Aquilegia 'White Star' (Star Series)

腕がツリそうになりつつ、上記の名前をクリックするとグルれるようにリンク貼ってみますた。お勉強しようにも、こんだけあると頭に入らないっ (; ̄ー ̄A アセアセ・・・

もっとわかりやすいサイトはないものか! あっ、トンプソン&モーガン社へ行けば、ポピュラーなのが掲載されているはずです。

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’
 トンプソン&モーガン社から入手した種で約20粒はいっていました!
     


こちらがトンプソン&モーガン社から2006年に購入し播種したときに残しておいた種の袋です。
ご覧のように色あいはミックスで、桃色、濃い桃色、臙脂色、水色などがあります。



トンプソン&モーガン社で扱っている種は今のところ・・・

Aquilegia caerulea
Aquilegia chrysantha Yellow Star
Aquilegia clematiflora Pink And Purple Shades
Aquilegia Duo
Aquilegia flabellata var pumila kurilensis Rosea
Aquilegia Sweet Rainbows (こちらが入手した種 2006年春に播種)
Aquilegia viridiflora Chocolate Soldier (苗で入手したもの)
Aquilegia vulgaris Clementine Formula Mixed (こちらが入手した種 2008年春に播種)
Aquilegia vulgaris Miss M.I. Huish
Aquilegia vulgaris Nora Barlow
Aquilegia vulgaris Nora Barlow Mixed (こちらが入手した種 2006年春に播種)
Aquilegia vulgaris William Guiness Doubles
Aquilegia x cultorum Danish Dwarf
Aquilegia x hybrida Crown Jewels Mixed
Aquilegia x hybrida Firecracker
Aquilegia x hybrida Green Apples (2008年春に播種)
Aquilegia x hybrida McKana Giants Mixed
Aquilegia x hybrida Pink Bonnets
Aquilegia x hybrida Roman Bronze (こちらが入手した種 2008年春に播種)
Aquilegia x hybrida Royal Purple

どれも手元に置いて実際に咲いているところを見てみたい!という気持ちが強まる一方で、これらをすべてというのはなかなか難しいです。
それにやはり自分の好みとはあわないものもありますしね!

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’

Aquilegia vulgaris 'Nora Barlow' - 西洋オダマキ ‘ノラバロー’
 うつむき加減に咲く恥ずかしそうな姿がまた好きにさせるところですよね~
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



ちなみにAquilegia vulgaris ←これが今日ご紹介しているノラバローの小種名でございます。

よって我家のオダマキの場合、
アキレイギア・ブルガリス (ノラバロー、ルビーポート、ブルーポートなど)
アキレイギア・ヴィリデフローラ (チョコレート・ソールジャー)
アキレイギア ハイブリッド(ヒブリダ)系 マッカナジャイアント
セミアキレイギア・エカルクラータ (フウリンオダマキ) ←実は科がちょこっと違うのです。オダマキに類するものという呼び方になるでしょうか。色々と調べてゆくなかで、私が現在育てている風鈴苧環は実はSemiaquilegia ecalcarata(セミアキレイギア・エカルクラータ)が正式名称であるらしいのです!

他、自家受粉により勝手にこぼれた種からでてきてくれたものや、お友達からいただいた交配種に関しては、アキレイギア・ハイブリッドをいうことで今後はご紹介することにします。開花のようすはこの桃色のノラバローからスタートですが、まだまだ開花情報は続くのですよん。

今後の記事を整理するに当たり、すこし頭の中がすっきりしてきましたが、でもなんだかまだ良くわからない品種が多々ありますけど。というか見分けることできるかしらん。
地植えにしてしまったもののうち、ラベルが無くなってしまっているものもありますしねぇ~

あっ、そうそうAquilegia flabellata Sieb. et Zucc. var. pumila (Huth) Kudoという種類のミヤマオダマキなどは絶滅危惧種にも指定されているらしいです。
我家にもミヤマオダマキだと思っていたものがあるのですが、よくよく調べてみると日本に自生しているミヤマオダマキから作られた園芸種であることも判明。以前の記事には間違っている部分も多数あることがわかってしまいました。~(〃´o`)=3

オダマキの育て方

■植え付け
苗を購入した場合には、鉢増しするか地面に植えつけます。適期は春または秋。
夏場の暑さは苦手なので植え付ける時期には適しません。
山野草を育てるようなイメージで、水はけの良い用土を用います。赤玉土に川砂、腐葉土などを加えたものがよいようです。

■水やり
冬場も水遣りを忘れないようにします。地植えの場合には極端に乾燥しているとき以外は不要です。
開花時期には水遣りがわりに液体肥料をあげるのもよいと思います。

■施肥
植えつけるときに緩効性の肥料をすきこんでおきます。
多肥にする必要はありません。

■増やし方
種まきで殖やすことができます。株わけはあまりオススメできません。
オダマキの場合、宿根草でありながらもその寿命は短く3年ほどと言われています。
よって種を採って育てている苗と開花の苗がないとオダマキが無い年もでてきてしまいます。
もっともこぼれた種からも結構発芽してくれますが。

発芽の温度は20度くらいが目安ですので、時期的にはちょうど良かったようです。発芽率はほぼ90%といったところです。今現在はこのお写真の倍以上の大きさになってます!

種まきのコツといたしましては、オダマキの種は小粒ですので、ピートバンなどを使ったほうがより楽ちんです。わたしの場合はピートバンをケチり、プランターとビニールポットに直播きしました。

種は播いてから後は水を絶やさず、といって濡れすぎているのも良くないんです。保湿が重要なので新聞紙(一枚)などでカバーするのも良いと思います。

梅雨時で雨も強く降ったりする日がありますので、軒下や室内で管理します。でないとせっかく播いた種が雨に流されてしまう可能性があります。

時期は、春撒きか秋撒きですが、わたしのところは冬に霜やら雪やらありますので、春撒きです。ある程度冬を越すための体力をつけてあげないと!

ところで袋にある種の撒き方なのですが、ボンネット型であるSweet Rainbowsのほうには、種を播いてから覆土しないように書かれてあるのに、Nora Barlowのほうには、バーミキュライトを薄くかぶせるように書いてあり、光に当てると発芽の妨げになると書いてあります。

今回は購入しませんでしたが、ブルーボンネットの種の場合には、種の袋を開き、冷蔵庫など3℃~5℃くらいのところに2~3週間保存してから、播くと発芽に時間がかからないようなことも書かれていましたし。一晩種を水につけておくほうが発芽しやすいとも。

発芽してからは、お日様にたっぷり当てて液体肥料なども施し始めます。

種まきのときのお写真は「オダマキのタネマキ」という記事がございますので、よろしければどーぞ!

またヤサシイエンゲイにもオダマキの育て方がありますのでご一読を!