スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美女撫子イロイロ♪

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年05月25日 日曜日 [Edit] 

<i>Dianthus barbatus</i> - 美女撫子(ビジョナデシコ)

Dianthus barbatus - 美女撫子(ビジョナデシコ)
 今日の一句 「撫子の やさしい花が いっぱいに 咲いた花壇に そよぐ風」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Dianthus barbatus
【科名】ナデシコ科 Caryophyllaceae 【属名】ダイアンサス属
【和名】美女撫子ビジョナデシコ) 【英名】Sweet William 【別名】ヒゲナデシコ アメリカナデシコ
【原産地】ロシア南部 【性状】耐寒性宿根草 
【用途】花壇 鉢植え 切花   【花期】 5~6月  【草丈】60cm

とても見慣れた花なのに、私は育てるのは初めてのビジョナデシコです。
昨年秋、家人がどこかのオマケかなにかでいただいた種をもらってきたので、ばら撒いておいたところ発芽率が高くて驚いたのですが、その後もフレームなどで管理せずとも越冬し、こうして開花するにいたりました。

この色だけでなく、真紅、濃いピンクなどもあり、花壇をにぎやかにしてくれています。
hanahhana1952さんのお宅では、ピンク一色のものが咲いています!

撫子は日本古来からあるものと、明治時代に海外からやってきたものがあり、このビジョナデシコは明治時代にやってきたもので、それまで日本に自生しているナデシコ類よりも美しいと「美女撫子」というの名前がつけられたようです。高性種から矮性種まであるようですが、今回私が育てているものは、高性種です。

足元には先日ご紹介したセラスチュームが咲いておりますが、ボケボケ感により、この子の背高のっぽな感じがおわかりいただけるかと思います。

別名ヒゲナデシコともいわれているのですが、総苞片が長くひげのようなので、そんなふうにも呼ばれています。一つのかたまりから、2cmほどの小さな花が十個以上は咲き、ちょっと頭でっかち。「美女」という名前がつく花の命名法においては、小さな花が丸い房になって咲くという意味もあるようです。
Dianthus barbatus - 美女撫子(ビジョナデシコ)

Dianthus barbatus - 美女撫子(ビジョナデシコ)
 5月中旬に蕾が現われだしたときには、真っ白なお花かと思いましたが、開いてみたらバイカラーでした!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



 【ビジョナデシコの育て方

初めて種から育て、その驚くほどの強靭さにうれしい悲鳴の私なのです。
ともうしますのも、思った以上の成長振りにやや花壇のイメージが違ってしまいまして・・・
春先にあわてて移殖などもしてしまったのですが、移殖したモノタチもほとんどダメージなしで、満開になりつつあるのです。

非常に育てやすい花ですね~~

■植え付け
日当たりのよい場所を選びます。鉢植えにしたい場合には、川砂などを1割ほど混ぜ、水はけのよい土で植えつけます。

■水やり
乾燥気味な環境を好みますので、あげすぎに注意します。
用土が乾いたなぁ~と思ってから、一日待つくらいのほうが良いですね。
地植えの場合には不要です。

■施肥
肥料は生育期にカリウム分の多い液体肥料を2週に1回ほど水遣り代わりに施すか、固形の緩効性肥料を置いておいてもよいようです。私はあまりあげていないのですが、生育にはさほど影響ありません。

■増やし方
種から殖やします。8月末から9月初めにまくと、翌年5月から6月にかけて開花します。
挿し芽をとって殖やすこともでき、この場合には春または秋に3節くらいのところから切り取ったものを挿します。