スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリョヌシカが満開!

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月16日 月曜日 [Edit] 

Clematis integrifolia 'Alionushka' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘アリョヌシカ’

Clematis integrifolia 'Alionushka' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘アリョヌシカ’
 今日の一句 「初夏の日に すくっと伸びた茎からは 花びらが舞う 美しく 今年の花は 一層輝く」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Clematis integrifolia 'Alionushka'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae 【属名】クレマチス属センニンソウ属
【英名】Clematis 'Alionushka'  【別名】ベルテッセン
【系統】インテグリフォリア系 【咲き方】遅咲き(6~9月) 半鐘咲き 
【花径】8センチ 【高さ】150~200センチ【耐寒性】やや強い -5℃
【花色】濃桃色 【剪定】木立性 強剪定 新枝咲き  【芳香】なし
【流通名】アリョヌシカ  【作出者】A. N. Volosenko-Valenis(1969年ロシア)
【交配】Clematis integrifolia x C. viticella  
【用途】地植え 鉢植え 切花 ロックガーデン
【備考】#C012

インテグリフォリア系では、前回‘ヘンダーソニー’の開花をご紹介しましたが、二番手は、この‘アリョヌシカ’です。すでに‘ヘンダーソニー’が咲き終わり、切り戻しを終えたところなのですが、バトンを渡されたこの子。昨年よりも確かに花つきもよく、大振りになってくれてます。

ただ、木立のようにはなってくれず、地面から伸びた茎は、二本だけ。
背丈は、‘ヘンダーソニー’よりも高いのですが、もっと茎の数が増えてほしかったなぁ~
そこのことろがちょっと残念だったところです。
Clematis integrifolia 'Alionushka' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘アリョヌシカ’

Clematis integrifolia 'Alionushka' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘アリョヌシカ’
 蕾もたくさんついていて、しばらく楽しめそうです。
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

思いのほか背丈が伸びてしまったので、支柱の高さが間に合わず、ちょっとフラフラしちゃっているほどなんです。
来年はもう少し長めの支柱に替えてあげなくては! 
あるいは、早春の萌え~の時期に、摘芯をしておけば、背丈を抑えることができるのかな。 って、昨年も似たような(〃_ _)σ∥反省をしていたはずなのにねえ~ オバカ

Clematis integrifolia 'Alionushka'

Clematis integrifolia 'Alionushka' - クレマチス インテグリフォリア系 ‘アリョヌシカ’
 6月中旬に撮影。やっと晴れてくれて、青空の下で楽しそうに舞っています!
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

後は、白色の‘アルバ’の開花が待ち遠しいところなのですが、あいかわらずヒョロヒョロとした茎が伸びているだけ。一番よい場所に植えているはずの‘アルバ’が一番生育が悪いというのは、どうしてなのか? 近くにバラたちがあるので、栄養を吸い取られてしまうのかしらん。
西日も当たらないようにしてあげているのになぁ~ 不思議です。

インテグリフォリアの育て方

■植え付け
春と秋が適期です。弱酸性の用土を好むので、赤玉土:4 ピートモス:4 バーミキュライト:2の配合がよいようです。
西日の当たらない水はけのよいところで管理します。
少なくとも1日4時間以上日が当たる場所が適しています。

■水やり
地植えの場合、基本的には不要ですが、あまりに乾燥しすぎるようなときには水遣りをします。
鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷり与えます。
注意点として、冬場に水を与えると根鉢が凍ってしまいます。冬場は控えめの水遣りをしますが、完全にかわかさないように注意します。

■施肥
剪定後はかならずクレマチスの専用肥料やリン酸・カリ分の多い有機肥料を施します。
真夏と真冬は、基本的に不要です。春先の芽だし肥料と、生育期には月に1回程度を目安に定期的に施します。

■増やし方
挿し芽をとって殖やすことができます。
適期は梅雨のころ。
私はこの子の芽をとるのを忘れてしまいましたが、昨年は同じインテグリフォリア系の‘アリョヌシカ’をブツブツと地面に挿しておいたのですが、どうやら根っこがでてきてくれているみたいです。
賢明な皆様は、きちんとした清潔な用土(鹿沼土)などに挿しましょう~

■剪定
剪定には、大きく分けて3種類あり、花がら摘み剪定。また、春の花が八割がた終わったところで、全体の1/3~1/4くらいのところで強く剪定しますと返り咲きます。
冬の強い剪定は、2月の寒い時期に行い、地上部付近の充実した芽だけを残して、ざっくりと思い切った剪定をします。
地際から1~3節残して切るようなイメージです。
こうすることで春から新芽が出てきて、10節以上伸びたところから花がつきます。



弊ブログ内関連記事: アリョヌシカ / クレマチス