スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越冬二年目のスカビオサ

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年06月21日 土曜日 [Edit] 

Scabiosa caucasica Bieb.  - スカビオサ・カウカシカ

Scabiosa caucasica Bieb.  - スカビオサ・カウカシカ
 今日の一句 「冬を越え 春に芽吹いた 松虫草 初夏には開く 嬉しや小花」
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~

 

【学名】Scabiosa caucasica Bieb.
【科名】マツムシソウ科 Dipsaceae または Dipsacaceae
【属名】マツムシソウ属
【和名】西洋松虫草セイヨウマツムシソウ) 【英名】Pincushion Flowers
【品種名】コーカサス または カウカシカ
【別名】スカビオサ 【原産地】ヨーロッパ コーカサス地方
【性状】多年草

この子はヨレヨレの状態で雪の下から顔を出してくれ、無事に越冬し開花してくれたスカビオサちゃんです!
先般ご紹介した白色のスカビオサは高性。こちらは矮性です。
ちょっぴり紫がかったブルーをしていて、この子もかわいいでしょう~(*^_^*)
一年草のスカビオサ(またはスカビオーサ)だとばかり思っていたので、すごく得した気分なわけですが、春先にさらに株分けなどをしたので、株も増えてくれてとても嬉しいのです!

やはりラベルのない、お値打ち品コーナーでであったこの子でしたが、結果オーライでありました!
いよいよ、こちらでも入梅した模様で、今朝もしとしとと雨が降っています。
スカビオサちゃんたちは、乾燥しているほうが好きなので、此の時期はツライんだろうなぁ~

ただ、こぼれ種から発芽した様子はないんですよね~
あるいはたくさんそんな子たちがいてくれるのかもぉ~と期待していたんですけど、そこは残念。
こぼれ種では発芽しにくいようで・・・どこかのページで、スカビオサはタネから育てるのが、ちょっとムズカシと掲載されていたような気がするんですけど。
Scabiosa caucasica Bieb.  - スカビオサ・カウカシカ

Scabiosa caucasica Bieb.  - スカビオサ・カウカシカ
 スカビオサの葉っぱ。
     すぅ@管理人 花季寄 ~hanakiyose~



ところで、マジマジと葉っぱを見ていると、ギザギザしたものと丸葉が混じっています。
あれれ?スカビオサって大人になるにつれ、ギザギザが深くなってゆくんでしたっけ?
もう少し観察を続けることにいたします。もしかして、丸葉のほうは雑草・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
それとも実は種から発芽してくれてたのかしら?

スカビオサの育て方

■植え付け
スカビオサは、原産地が冷涼なところですので、夏の暑さには弱いようですね。加湿も嫌うので、乾燥した風通しのよいところに植えつけます。
夏の間はマルチングなどをしておくとよいそうです。また西洋マツムシソウの場合、アルカリ性の土を嫌うので、石灰などをまぜて調整しておくと順調に育ちます。また軽石などを加えみずはけをよくしてあげます。

■水やり
水遣りはひかえめにします。ジメジメした環境では灰色カビ病などもでやすくなります。
ただし乾燥させすぎてしまうのもご法度。

■施肥
真夏や冬の時期をのぞき、薄めの液体肥料を施します。

■増やし方
一・二年草の場合、タネマキが一般的です。多年草の場合は、株分けや挿し芽ができます。
また茎の先端(7センチほどの長さ)を切り取って、これを挿し芽とすることができます。
いずれの場合も酷暑と寒さを避けた、春か秋が適期です。


詳しくはヤサシイエンゲイのマツムシソウの育て方をご参照ください! 詳しく掲載されています。

ところで、昨日気がついたのですが、FC2では記事を自動で保存するサービスを始めたのかしらん?
赤字で、「記事を下書き保存しました (保存した時間)」がでてくるようになってます。
お~もしそうなら、これは嬉しいサービス! これまで突然書きかけの記事が消失してしまうことがあったので、そんな悲しい出来事から解放されるならば、よろこばしいことです!