スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏葉草と桔梗

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月16日 水曜日 [Edit] 

Platycodon grandiflorus - 桔梗


【学名】Platycodon grandiflorus
【科名】キキョウ科 Campanulaceae 【属名】キキョウ属
【和名】桔梗(キキョウ)
【英名】Chinese bellflower または Balloon flower など
【性状】耐寒性宿根草 【花期】7~8月 【用途】地植え 鉢植え 寄せ植え 

上の写真は地植えにしてある桔梗、下の写真はウラハグサと寄せ植えにしてある桔梗です。
鉢植えにしてあるものは、白色のはずなのですが、咲いてくれるまでのお楽しみです。

でもウラハグサがかなり大きな株になってしまったために、桔梗はおされ気味。
宿根草を主体としてつくる寄せ植えは、毎年の植え替えが重要ですのに、ズボラな私はそのまま夏を迎えさせてしまった・・・

でもね。ちゃんと蕾はあがってきてくれているので、なんとかお花は愉しむことができそうです!寄せ植えといえば、下の子はプラスチック製の鉢に入っているのです。
素敵なテラコッタの鉢が欲しいなぁ~ と常々思っているのですが、鉢を買うための予算がなかなか捻出できないのです(笑)

【PR】 素敵なテラコッタが欲しいなぁ~ at Rakuten

時間があると、ふらふらネットで鉢を見て回るのですが、欲しいなぁ~と思うと、諭吉様が簡単に飛んでゆくし、諭吉様がいれば薔薇やクレマが何株も入手できるわぁ~と天秤にかけると、やっぱり苗のほうに軍配があがったりして(笑)

でも最近はただ花を育てるだけではなく、庭の演出法や鉢とのコンビネーションなどにも少しは気を回さねばと思い初めているんです。←今頃かい?
ウラハグサとキキョウ。5月下旬に撮影


これまではお花を育てることばかりに、神経を注ぎ!? 全体像やプレゼンに気を使わなさすぎていた私。目指しているのはナチュラルガーデンですが、やはり季節、季節でぐっと目を引く寄せ植えなどが素敵な鉢に植え込まれているような玄関先が欲しいです。

キキョウの育て方

■植え付け
春と秋が適期です。植え替えもこの時期が良いでしょう。
基本的に日当たりが好きなのですが、真夏の暑さには弱いので地植えにする場合午後は日陰になるようなところを選びます。
やや酸性の土を好むので鹿沼土を混ぜ、腐葉土を加えて有機質の土をつくります。

■水やり
夏場は葉水も有効です。水切れに注意します。

■施肥
鉢植えの場合、植え付けのときに緩効性の肥料をすきこんでおきます。花後に追肥をしておくと、来年の花つきがよくなります。
庭植えの場合、肥料はほとんど不要です。

■増やし方
早春のタネマキ、秋以降の休眠期の株分け、春の挿し木などで増やすことができます。
年数がたった古い株は株分けすることで活性化されます。

弊ブログ内関連記事: 桔梗