スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満開のバリフォリウム

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月20日 日曜日 [Edit] 

Eryngium variifolium - エリンジューム バリーフォリウム - 松笠薊(マツカサアザミ)


【学名】Eryngium variifolium
【科名】セリ科 Apiaceae  【属名】エリンジューム属 または ヒゴサタイサイコ属
【和名】松笠薊マツカサアザミ) 松毬薊(マツカサアザミ)
【流通名】エリンジューム バリーフォリウム
【英名】Marble-leaf sea holly(マーブル・リーフ シーホーリー) 【別名】エリンギウム エリンジウム
【草丈】40cm  【花期】6~7月  【花色】シルバーブルー
【原産地】北アフリカ  【性状】常緑耐寒性宿根草 (-15℃)
【用途】庭植え 鉢植え ドライフラワー 

今年我家で初めて咲いてくれたバリーフォリウムですが、思ったよりも小型。花色ももっと青色が増すのかと思ったら、どちらかというとシルバーでした。

でも葉っぱの形が個性的で、やはりシルバーなので、昨今の暑さを軽減してくれる良いヤツです。この子自体は夏の暑さや過湿が苦手なので、立ち姿よりも本人は大変だろうと思うんですけどね。

【PR】 ドライフラワーでも楽しめるエリンジューム! at Rakuten

ちょとだけ切り取ってドライフラワーを作り始めました~
梅雨の時期なので、束ねたものを風通しのよい、日が当たらない、天井近くに下げてます。
カビなきゃよいのですが。

他のエリンジュームたちも同様。ブルーキャップは青色に凄みを帯び始めています(オオゲサ?)
Eryngium variifolium - エリンジューム バリーフォリウム - 松笠薊(マツカサアザミ)


ちょっと雫がついた様子もかわいいでしょう~ ^^
まだまだ咲き続けてほしいものです! おとなりのブルーキャップと交配するのかな?
種もとらなきゃネ!

エリンジュームの育て方】 

このバリーフォリウムはプラナムよりも少し暑さに弱いようですね。
お花をたくさん咲かせるコツは、寒さに当てること、お日様に当てること、そして水はけよくしてあげること。そして夏の暑い時期には風通しのよい涼しい場所で管理してあげること。でもそうなると花壇での管理、どこに植えたらよいか迷いますね~^^;

■植え付け
夏の暑さには弱いのですが、遮光するのは良くなく日当たりが良いところで、水はけのよい場所を選びます。土壌の成分はあまり選ばないようですが、どちらかというと砂地を好みます。 苦土石灰などで中和させます。

梅雨時は雨が当たらないようにするのがベスト。 でも花壇ですと、傘でもさしかけてあげるしか手立てがないっ!鉢植えのほうが管理が楽かもしれませんが、大鉢を用意してあげないといけないです。

■水やり
鉢植えで管理する場合には、表土が乾いてから水やりをします。
地植えの場合にはあまり必要ない感じです。

■施肥
春から秋まで置き肥えをします。

■増やし方
株分けは根っこが直状であるため難しいそうです。タネマキから育てるのが無難です。3~6月までか秋の9~10月がタネマキの時期です。


Wikipedia参照記事: Eryngium  弊ブログ内関連記事: バリーフォリウム