スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二輪だけ・・(/_\) ダイアナちゃん

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年07月21日 月曜日 [Edit] 

Clematis texensis 'Princess Diana' - クレマチス テキセンシス系 ‘プリンセス・ダイアナ’


【学名】Clematis texensis 'Princess Diana'
【科名】キンポウゲ科 Ranunculaceae (ra-nun-kew-lay-SEE-ay-ee)
【属名】クレマチス属 (KLEM-uh-tiss)
【和名】テッセン  【英名】Leather Flower / Scarlet leather flower / Scarlet Clematis
【系統】テキセンシス系 【咲き方】四季咲き(夏から秋) チューリップ咲き
【花径】5~6センチ 【高さ】200~250センチ【耐寒性】強い
【花色】濃桃色  【剪定】強剪定 新枝咲き 
【流通名】テキセンシス 'プリンセス・ダイアナ'
【作出者】Barry Fretwell, England, 1984
【用途】鉢植え 庭植え 切花
【備考】#C026

さすがに最近暑いなぁ~ もっとも朝晩は涼しいのですけれど、お庭にでるとものすごい勢いで蚊たちが私を襲ってきます^_^;
毎日、毎日、どこかを刺されているのですが、虫除けスプレーを体にふったり、電池で動く蚊よけの道具を首からかけてみたり・・
私はあまりキャンプなどへは行かないのですが、虫除けキャンドルって効果あるのかしらん?検索してみましたら、色々な種類があるようなのですが・・・ ちょっと使ってみたい気分です。

【PR】 虫除けキャンドル、どれがいいんだろう~? at Rakuten

体に直接スプレーするときは、より自然なものを選びたいと思い、最近は精油のティートリーなんかをオイルに混ぜて、体に塗ってみたりもしています。でも、さぁ~今日は思いっきり庭作業するぞ~というときだけで、ちょこっとお庭に出るというときには塗らないですから、そんなときには何の対処もしないので、やっぱり刺されます(泣)

で、結局かゆみ止めパッチのお世話になることに・・・ 夏ってホント、蚊の発生が嫌ですよね。

と、冒頭から話が脱線気味ですが、今日はテキセンシス系‘プリンセス・ダイアナ’の開花をご報告。
昨年は8月に入ってから咲いたので、開花時期は早かったのですが、第一陣は残念ながら二輪しか咲きませんでした。肥料が少なかったかなぁ~と反省中。

今年は、‘プリンス・チャールズ’のほうばかりに目がいってしまって、ダイアナ王妃のほうが手薄になっちゃいましたm(__)m


【PR】プリンセス ダイアナは、おそらく9月末くらいから販売されますよ~


あれよあれよという間に秋の苗、どの子を購入するか検索する時期が近づいてきていますね~
私は秋になったら、クレマとクリスマスローズの二種をメインに検索するつもりです^^ 


誘引はそこそそ、やってあげたのですけど、ツルの伸び方が昨年に比べるとちょっと短いし、茎の太さもいまひとつ。もっとも繰り返し咲いてくれるはずなので、まだ間に合うかなと、この後剪定して、第二陣に期待中です。

上の小さめの写真はお店から借りているものですが、ほぼ咲きっぷりは同じです!
よかったよかった!
ラベルと同じように咲いてくれるのがトーゼンではあるものの、やはり同じくらいのボリュームで咲いてもらえるとホッとします。
Clematis texensis 'Princess Diana' - クレマチス テキセンシス系 ‘プリンセス・ダイアナ’


一方、アルバニーのほうにはまだ蕾が見えず・・・ ロマンチカには、第二弾でお花が咲き始めてくれてます。ヘンダーソニーも小さいながらも二番花が咲いてます。また常緑系では、どうやらフレックルスは天国へ行ってしまったみたいですが、日枝のほうはツルをぐんぐん伸ばしてくれているのです。

それに、今年入手したモンタナ系のスターライトもアーチに絡まりだしてますしy(^ヮ^)y
一喜一憂の夏の日々でございます。

プリンセスダイアナの育て方

■植え付け
9~10月の秋か休眠期の2~3月が適期です。でも盛夏を除く春~初夏でも大丈夫らしく、クレマチスは期間の幅が広いです。
株元が日陰でも伸びてきた枝が一日4~5時間は日に当たるところを選びます。

■水やり
鉢植えの場合、土の表面が乾いたらたっぷり与えます。冬場の水遣りは控えめにし、水量を多くしてしまうと根腐れしてしまったり、凍って根をいためてしまいます。

■施肥
初春から秋まで定期的に液体肥料を与えます。水遣りとのあわせ技が効果的です。
クレマチスの場合、「定期的」というのがポイントです。

■増やし方
種まきと挿し木の二つの方法があります。

■剪定
冬の間は地上部がほとんど枯れますが、芽が動き出す前に強剪定します。しっかりした芽のある茎を残すようにしながら、全体の高さの4分の1を残すようにして剪定します。

土中に残った枝から新枝を10節以上伸ばしてから、開花するのですが、花後は花がら摘みをします。新枝咲きの遅咲き系の特徴ですね。一本の茎ですべてのお花が咲き終わったら、今度は茎自体を地際から二節残して剪定します。早めに剪定をするくらいのほうがよいようです。

弊ブログ内関連記事:  クレマチスの種類と育て方 | Clematis | プリンセス・ダイアナ