スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキノプシスが一分咲き^0^

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年08月01日 金曜日 [Edit] 

Echinops ritro - 瑠璃玉薊(ルリタマアザミ)


【学名】Echinops ritro
【科名】キク科 Compositae 【属名】ヒゴタイ属
【和名】瑠璃玉薊ルリタマアザミ) 【英名】 【別名】ウラジロヒゴタイ エキノプス
【花期】7~8月 【花色】青色 【草丈】80~100cm
【原産地】ヨーロッパ 【性状】耐寒性宿根草

先般ご紹介したエリンジュームたちは卵型なのですが、このエキノプシス(ルリ玉アザミ)は、ま~んまるです。やはり同じように銀色を帯びた青色に変化してゆくはず! ^m^
エリンジュームはかなり青色化しつつありますが、この子はこれからです!

でもすっかり丸い花穂を立ち上げはじめておりまして、トゲトゲがかわいい~のです。

【PR】 エキノプシスを探してみよう!

確かこの子をはじめてみたのは、宿根草かハーブを紹介している雑誌だったと思うのですが、そのかわいらしさにホレボレ~~
いつか育ててみたいと思っていたのですが、なかなか機会に恵まれなかったのですが、ようやく昨年苗を入手し手元で育てることができることになったのです。
とはいえ、結構園芸店で売られてますし、入手困難な植物ではいのですが。

この子もかなり順調に成育してくれて、私の背丈に届くほどまで伸びてます。あまり背高のっぽになりすぎると、徒長させてしまったのではないかとハラハラ。
水やりしすぎちゃったかしらん(笑)
Echinops ritro - 瑠璃玉薊(ルリタマアザミ)


まだ蕾が出たばかりの頃の写真です。6月下旬に撮影したもの。
ひょっこりと葉っぱの中からでてきて、その後丸い蕾の下の茎が伸びて、個性的な花だけが葉っぱよりも上に掲げられるような形になってゆきます。


Echinops ritro - 瑠璃玉薊(ルリタマアザミ)ルリタマアザミの育て方

■植え付け
アルカリ性の用土を好みますので、植え付け前に石灰をまいておき2週間くらいたってから植えつけたほうがよいようです。多湿を嫌うため、水はけよくします。適期は秋です。
日陰ではうまく育ちませんので、なるべく一日中太陽が当たるところで管理します。

■水やり
あまり乾燥させすぎるのもよくないので、夏場は水切れに注意します。
多湿にならないように、用土の湿度を見ながら水遣りします。

■施肥
植え付けの際に元肥をすきこんでおき、生育期の春から盛夏前まで化成肥料などを与えます。

■増やし方
種を播く場合は、温度が十分上がった梅雨前くらいから播くことができます。同年にはお花は咲かず翌年の夏に開花となります。
こぼれた種からも発芽します。
株分けの場合には、2年に一度くらいを目安にして、春に植え替えます。




弊ブログ内関連記事: アザミ | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ