スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインレッドのブラックベリー

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年08月02日 土曜日 [Edit] 

Rubus spp. - ブラックベリー(Blackberry)


【学名】Rubus spp.
【科名】バラ科  Rosaceae  【属名】キイチゴ属
【和名】黒実木苺クロミキイチゴ)  【英名】Blackberry / Boysenberry
【仏名】ミュール
【性状】耐寒性落葉宿根草 【花期】5~6月 【草丈】1~1.5m
【収穫時期】7~8月

なかなか黒々となってくれないなぁ~ (ーー;) それに、一粒一粒の大きさが小さいのです。
今年は地植えにしたので、ワンサカ枝も伸びて、実もたくさんなるだろう~と思っていたのですが、不作です。

【PR】 ブラックベリーをゲットしよう! at Rakuten

植えつけたときにあまり元肥も上げなかったし、耕し方が足りなかったのかしらん。
植えた場所はドウダンツツジとヒバの木の間だったので、それぞれに栄養の奪い合いをしているのか?(笑)

地植えだからと油断してしまって、あまりお世話してあげなかった私。
(〃_ _)σ∥反省 しているのであります。
Rubus spp. - ブラックベリー(Blackberry)


大収穫祭を愉しむことはできませんが、今年はこの子たちをお酢に漬けてドリンクにしてみようと思っているのです。大量でなくても、容器の大きさを調節すればなんとかサワードリンクを作れそうですし(^^ゞ

あぁ~早く黒く熟してくれないかしらん。

ブラックベリーの育て方

■植え付け
大抵ポット苗を購入されると思うのですが、真夏を除き年間を通して植え付けが可能です。
風通し、日当たりがよいところを選びます。ブルーベリーは酸性土を好みますが、このブラックベリーは土壌にこだわらなくても水はけ、水もちがよければOKです。

■水やり
用土が乾いたらたっぷり与えます。地植えの場合、不要です。

■施肥
寒肥として2月くらい、また収穫の後に速効性化成肥料をあたえます。本格的な冬になる前晩秋には腐葉土や堆肥などの有機肥料を施します。

■増やし方
梅雨のころに挿し芽で殖やすことができます。
株が大きくなったら株分けをすることができるので、といいますか、分けたほうが良いと思います。株分けは春が適期です。

■剪定
ブラックベリーの実は前年のシュートにつきますので、あまり短く切りすぎないよう(1メートルくらいまで)にします。このシュートを増やし、収穫量を増やすためには、生育期(6月頃)に少し切り詰めると脇芽がでてきます。冬の間に、昨年実のなった枯れ枝、弱い枝も剪定し、すっきりとさせます。

弊ブログ内関連記事: ブラックベリー | ベリーたち | 弊ブログのほぼ!?全リストはコチラ