スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の風船蔓

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年08月20日 水曜日 [Edit] 



【学名】Cardioapermum halicanabum (kar-dee-oh-SPER-mum) (hal-ee-KAY-ka-bum)
【科名】ムクロジ科無患子科) Sapindaceae
【属名】カルディオスペルマム属 (フウセンカズラ属
【和名】風船蔓フウセンカズラ) 【英名】Balloon Vine Love in a Puff Heartseed 【別名】バルーンバイン
【原産地】熱帯アメリカ、アフリカ、インドなど
【性状】ツル性一年草  【草丈】2~3m  【花期】夏  
【用途】地植え 鉢植え(行灯仕立てなど)

びっくり~ 長持ちするものです!
実はこのフウセンカズラ。7年前くらいに育て、採種したものをダメモトで今年の春に播いたものなんです。5つくらい播いたのですが、2つ発芽してくれて風船をふくらませ始めてます。

もともとは母の友人からタネを分けていただき、しばらくそのフウセンの形やタネにハートの柄が入るところなどが気に入って育てていたのに、すっかりタネを冷蔵庫にしまっておいたことを忘れていたのです。

で、かなり古い種でしたが、ダメモトで今年播種しましたところ、お~~発芽し元気に育ってくれました!

【PR】 フウセンカズラは行灯仕立てがよく似合います! at Rakuten

ムクロジ科の植物についてお勉強するのははじめてであります。双子葉植物で、世界には約140属2000種もあるとのこと。しらなかったわぁ~ ^^; 高木になるものから草花まで形も様々です。このフウセンカズラはツル性で、葉っぱ互生する羽状複葉。亜熱帯、熱帯地域に多く分布しているとのこと。日本にはムクロジ、モクゲンジなどが野生しているらしいのですが、実物を目にしたことのないすぅです。

知られているものでは、食べておいしいライチー、ランブータン、リュウガンなどの果樹もムクロジ科で、ムクロジ科=Sapindaceae の意味には、石けんのサポニンを含むものが多いところから学名が取られているようです。無患子(ムクロジ)=英名でSoapberryといわれている樹木のムクロジは、昔石鹸代わりに使われていたそうです。

また別名で、Heartseed(ハートの形のタネの意味)ハートシードもかわいらしい愛称で、まだご紹介できませんが、タネは黒色のまん丸で、そこにきれいに刻印を押したようなハート型が現われるところが面白いですね。
Cardioapermum halicanabum - 風船蔓(フウセンカズラ)


↑7月上旬の様子です。まだツルはグングン伸びる前のものです。

一年草で、葉っぱにはギザギサ(鋸歯)がありますが、触ってみるとそんなにごわごわしていなくて、光沢もあり、クルリンとした細い柄のような巻きヒゲがいたるところにまきついて、どんどん上へと伸びてゆきます。7月になると白くて小さな(5mm程度)の花をたくさん咲かせ、こんな小さな花からは想像できないような、大きな緑色したフウセンの形の実をつけます。

ある程度ツルがアーチに絡んできたので、さらに枝分かれさせようと思い、先日摘芯もいたしました。
これで、ますますツルも増えて、アーチにたくさんのフウセンが垂れるのではないかと、期待^0^中です。

フウセンカズラの育て方

■植え付け
日当たりと水はけの良い場所を好みます。

■水やり
地植えの場合不要です。
鉢植えの場合、用土が乾いたらたっぷり与えますが、肥料を好むので水遣り代わりに液体肥料を加えたお水を与えるものもよいと思います。

■施肥
真夏はあまり必要としません。月3回くらいのペースで液体肥料を与えます。チッソ分が少なめ、リン酸分の多い肥料がよいそうです。

■増やし方
春まきの一年草で、秋には枯れ始めますので、コレを採取しておけば、毎年気軽に楽しめます。
発芽温度は20~25℃と高く、5月くらいにまかないと発芽しません。タネは大きめなので、取り扱いが簡単です。軽く土をかぶせて、発芽までは乾かさないようにします。
直にまいたほうがよいと思います。


Cardioapermum halicanabum - 風船蔓(フウセンカズラ)


あさがおのように、ネットや支柱などをつかって、壁面を覆うような仕立て方も涼しげです。
私の場合は、クレマチスを絡ませようと思って買ったアーチに思ったほどクレマチスが絡んでくれないため、今回はアーチに絡ませています^^;

Cardioapermum halicanabum - 風船蔓(フウセンカズラ)


ヤサシイエンゲイのフウセンカズラ頁もご参考になさってください。

参照記事: Davis Garden - Love in the Puff