スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリンコ被害の箱根空木

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年08月22日 金曜日 [Edit] 

Weigela coraeensis (=Weigela amabilis) - 箱根空木(ハコネウツギ)


【学名】Weigela coraeensis (=Weigela amabilis
【科名】スイカズラ科 Caprifoliaceae 【属名】タニウツギ属
【和名】箱根空木ハコネウツギ) 【英名】なし 【別名】
【樹高】200~500cm  【花色】白色~桃色~紅色 【花形】 漏斗状 【花期】5~6月
【原産地】日本 【性状】落葉低木

今年もアリンコが発生しています。
これまではアリの巣を見つけてもそのままにしていた私ですが、今回ばかりはそうは行きません。

どうして?

箱根空木に何があるというのでしょう? お花も咲いていないので蜜があるわけでもないでしょうに、新芽部分にアリンコが行列。
よ~~く見てみると、あぁ~どうやらアブラムシがいるようです _| ̄|○

アブラムシもアリンコも嫌いだー

【PR】 ハコネウツギを育てよう♪ at Rakuten

そんなわけで、折角伸びてきた新芽は不自然なカールを描いてしまい、ストレスまみれの日々を送っているのです。

5月にキレイなグラデーションを楽しめたのですが、その後も二番花が7月には咲いてくれ、元気に背丈も伸ばしてくれていたのですが、アリンコのせいで、妙に葉っぱが不自然なカールを描いてしまっているのです。

仕方がないので、ホームセンターに行きパウダー状のアリンコ撃退薬を買ってきて播いてみたのですが・・・

壊滅してくれるかしらん。
Weigela coraeensis (=Weigela amabilis) - 箱根空木(ハコネウツギ)


近くにはオダマキ、ユーフォルビアやスモークツリーなども植えてありますが、そちらには一切被害はでていないんですよね。
ミミミ

ハコネウツギの育て方

■植え付け
移植は春でも秋でも大丈夫ですが、10月から入梅前までが良いようです。
程度湿気を含む日のあたる場所で西日の強くあたる乾燥しやすい場所は避けます。移植は春でも秋でも大丈夫ですが、日が当たるほうが美しい花を咲かせます。
水はけ、水もちの良い肥沃な土壌に植えます。日陰にも強い木なので、シェードガーデン向けでもあります。バーク堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に深植えにせず、浅めに植え付けします。
鉢植えでもOK。は、半日陰のほうがよく育ちます。

■水やり
地植えの場合、極端に乾いているときにはたっぷりと与えますが、普段はほとんど不要です。

■施肥
庭植えではほとんど肥料は必要ありません。2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。

■増やし方
繁殖は挿木または種から殖やすことができます。

■剪定
前年伸びた生長枝に花を咲かせます。剪定すると花芽も一緒に落としてしまうことになりかねませんが、放任すると樹形が乱れるので、3~4年に1度地際から20~30cmで切り戻しをして、株を更新させます。