スポンサーサイト

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

--年--月--日 --曜日 [Edit] 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超マイクロミニな水引

 ※このサイトは移転いたしましたm(__)m ++花季寄++(http://hanakiyose.blog112.fc2.com/)でお会いしましょう~♪

2008年08月26日 火曜日 [Edit] 



【学名】Polygonum virginianum
【科名】タデ科 Polygonaceae  【属名】タデ属
【和名】斑入り水引フイリミズヒキ)【英名】Jumpseed 
【別名】水引草ミズヒキソウ
【品種名】'Painter's Palette'(ペインターズパレット)
【性状】耐寒性多年草  【花期】晩夏~秋

この子たちが咲き始めると、あぁ~秋になっちゃったなぁ~と、少々うら寂しさを覚えます。
このところ、お日様がでてくれないこともあり、ことさらです。

あまりにもこぼれた種から増えてしまったので、随分引き抜いたのですが、今度は引き抜きすぎてしまった!感アリ(笑)
左側の白いお花が咲くミズヒキは、葉っぱが斑入りのため日陰のお庭を明るくしてくれるのに、今年は少なくなっちゃいました。

【PR】 ミズヒキを探そう! at Rakuten

一方、赤色のほうはこれらがまったく植えていなかったところで、自然にこぼれた種から発芽しています。どういう経路でたどり着いたのか、ゴミとして運んでいるときにこぼれたのかしらん。
ハナミズキの木の傍で咲き始めました。ミズつながり?(笑)
Polygonum virginianum - 水引(ミズヒキ)


とにかくお花が小さい上、お日様がでていないところで記念撮影しようとしても、なかなかピントが合ってくれません。
それでなくとも日陰に植えてあるので、明るい感じに写せないなぁ~

ミズヒキの育て方

■植え付け
半日陰のやや湿り気のある用土を好みます。
あまり神経質にならなくても良く、用土の配合などにこだわる必要もありません。

■水やり
鉢植えの場合には、用土が乾く前に与えます。

■施肥
ほとんど不要です。

■増やし方
種で勝手に増えてくれます(^^ゞ ジャンプシードと呼ばれるほど、このミズヒキの種は四方八方へ飛んで行っては、次々に発芽します。採種して播く場合には、採り播きします。